「森の国の宿あざみ野(農家民宿)」の体験メニューは何がある?場所や宿泊料金は?【人生の楽園】

こんにちは、ナゴミです。

2017年8月5日に放送される「人生の楽園」で愛媛県松野町の農家民宿「森の国の宿あざみ野」が特集されます。

農家民宿って普通の民宿と違って、その民宿ごとに出来ること、体験メニューが全然違うので農家民宿に泊まる!ということ自体が一大イベントですよね。

今回の「森の国の宿あざみ野」ではどんな体験メニューがあるんでしょうか?場所や料金も調べてみました。

スポンサードリンク

農家民宿「森の国の宿あざみ野」の主人は誰?

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

農家民宿を営むのは芝美紀さん(58歳)と夫の明廣さん(68歳)のご夫婦です。

民宿がある愛媛県松野町出身の美紀さんは、同じく松野町出身の明廣さんと21歳の時に結婚して明廣さんの実家で生活を営み、3人のお子さんを育てました。

共働きで子育てしている15年前、梅に中で最高級品の「南高梅」を町の特産品にしようと考え、家の前にある畑に梅の木を植えました。

でも、せっかく実がなっても全く収穫しなかったそうです。忙しかったのかな?

しかし4年前に梅の実を見たら綺麗な桃の形をした梅に感動し、南高梅の素晴らしさに気が付いて梅栽培に本腰を入れるようになったようです。

美紀さんは人と話すのが好きで、仕事の定年が近づいて来た時に「仕事を辞めて、家から一歩も出ない生活をしていたら、誰にも会わなくなってしまう」という不安があり、定年後も人と関わりたいと考えて、自然を楽しんでもらう農家民宿をすることにたどり着きました。

2014年3月に梅の収穫や加工体験が出来る民宿「森の国の宿 あざみ野」をオープンしました。築60年の日本家屋です。玄関が広くって味がありますね。

出典:http://www.ehime-gtnavi.jp/

どんな体験メニューがあるの?

森の国の宿あざみ野の周りは茶畑や梅畑があって年間を通して色んな体験ができます。

体験指導するのは芝美紀さんです。

  • 茶摘みと製茶・・茶畑でお茶を摘んだ後、製茶するまでを体験出来ます。
  • 梅の収穫と梅ジュース作り・・梅を収穫した後、梅ジュース作りも体験出来ます。
  • 山菜採り・・山野のおいしい空気を吸って歩きながら、山菜採りを楽しめます。
  • 煎茶道体験・・急須等を使って、煎茶や玉露などの茶葉に湯を注いでおいしいお茶を味わいます。
  • 手打ちうどん作り体験と試食・・自分で打ったうどんを食します。
  • ホタル観賞・・飛び交う蛍を見て癒されます。
  • 目黒ふるさと館見学・・昭和初期の農具が展示してあり当時の生活に触れることが出来ます。
  • 地域散策

体験は1000円/回ですが、目黒ふるさと館見学は大人のみ200円です。

体験時間はうどんは3時間かかりますが、そのほかの体験は1時間くらいです。

美紀さん一人でやってるので団体は受け付けてなくて、多くて4~5人ほどで受け入れてるようですね。

茶摘み、梅の収穫、山菜採り、煎茶道体験、手打ちうどん作り体験は事前予約がいりますにでご注意を!

自然が相手なので天候にも左右されることもありますよ。

スポンサードリンク

場所や宿泊料金は?

住所:愛媛県北宇和郡松野町目黒1430

電話・FAX:0895-43-0008

休業日:不定休

車→松野町役場から車で15分

JR→松丸駅から車で15分(9km)

駐車場は4台分あります。

予約は2日前までにお願いします。

チェックイン15:00・チェックアウト10:00

料金:大人一名 一泊二食付き 7500円

一泊朝食付き 5500円

*子供の料金は要相談です

近くにある温泉を紹介

森の国の宿あざみ野ではお風呂はついてるのですが、近くには温泉もあります。

JR松丸駅の二階に温泉があるんです。

「森の国 ぽっぽ温泉」

全国でも珍しいJR松丸駅舎の2階にある天然温泉です。

家族風呂も1時間1500円+入浴料もあります。

大人料金:510円・65歳以上:410円・中学生:310円・小学生:150円

足湯は駅前にあるのですが無料で入れるんです。(10:00~17:00)

温泉の泉質は単純温泉<低張性弱アルカリ性冷鉱泉です。

刺激が少なくお子様も安心して入れる温泉ですね。入浴後は弱アルカリ性の温泉なのでお肌がツルツルになるそうです。

民宿で体を使って体験したあと、温泉に入るのもいいかもしれないですね。

まとめ

「森の国の宿あざみ野」では体験できるメニューが多くて悩んでしまいそうですね。

個人的には芝さん夫婦が丹精込めて作った南高梅の収穫とジュース作りをしたいなぁって思います。

夏休みの思い出作りにもいいかもしれないですね。

こんや農家民宿が増えたら楽しいでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする