伊那市の雑貨屋「グリーンゲイブルズ」はどこ?モデルの商店街とミニチュアはそっくり?【人生の楽園】

こんにちは、ナゴミです。

2017年7月1日に放送される「人生の楽園」で長野県伊那市で雑貨屋を営むご夫婦の紹介があります。

雑貨屋の名前は「グリーンゲイブルズ」

赤毛のアンを思い出しますね。

その名の通り、雑貨屋「グリーンゲイブルズ」はバラと宿根草の花でいっぱいの緑豊かな庭があるんです。

そして、「グリーンゲイブルズ」の中には、長野県伊那市の商店街のミニチュアが飾ってあるのですが実際にある商店街を再現しているんです。

雑貨屋「グリーンゲイブルズ」の場所や、ミニチュアの精密な作りなどを詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

雑貨屋「グリーンゲイブルズ」の主は?

お店を切り盛りしているのは小平和夫さん(63歳)と妻の伸子さん(68歳)です。

和夫さんは、長野県で生まれ大学を卒業した後に伊那市の小学校の教師になりました。

赴任先で、伸子さんと出会い26歳で結婚し、二人の子宝に恵まれ育てました。

第二の人生として定年後に趣味を生かして暮らしていこうと自宅近くに小さな家を建て、2012年8月に綺麗なバラ園が広がる雑貨屋「グリーンゲイブルズ」をオープンさせました。

最初は伸子さんの趣味だった、アンティーク雑貨や手作り小物を置いていましたが、2014年に和夫さんが地元で開かれたトールペイントの講座を受けて、その技術で「通り町商店街」のミニチュアの店舗を作り、商店街の古き良き看板建築のどんどん惹かれた和夫さんは今も商店街のミニチュアを作り続けています。

グリーンゲイブルズの場所はどこ?

出典:https://greengablessite.wordpress.com/

雑貨屋「グリーンゲイブルズ」は長野県伊那市にあります。

住所:〒396-0025 長野県伊那市荒井4331−7

電話:0265-98-8640

営業時間:不定

どうやら時間や休みに決まりはないようです。

事前に電話で確認して訪ねてみると確実でしょう。

スポンサードリンク

実際にどれくらいそっくりなの?

和夫さんは通り町商店街のミニチュアを、これまでに60軒以上作ってきたそうです。

何故こんなにも和夫さんはこの商店街に魅了されているのか、ブログで商店街の魅力を語っていました。

  • 何回もの大火を乗り越え、おしゃれでモダンな街並みを作った昭和の商店主の皆さんの心意気と、それに答えた大工、左官、板金などの職人さんたちの技の冴えを残した多くの建物。
  • 後継者難や客足の減少などでシャッターの増えた商店街で、それぞれが個性を出してお客さんを呼び戻そうと奮闘する、今の商店主の皆さんの頑張り。
  • すごく新しい感覚で、自分も楽しみながら(?)生き生きと店づくりを始めている若い店主の皆さんの姿。

愛着のある場所を忠実にミニチュアで再現している和夫さんの作品の完成度はどうでしょう?

出典:https://greengablessite.wordpress.com/

まだまだあって面白いのですが、この辺で・・(汗)

本当に忠実に再現してますね。ずっと見ていたいです・・。

グリーンゲイブルズの雑貨もおススメ!

店内には、伸子さん手作りの雑貨や和夫さんが作ったミニチュアの街並みがプリントされてるマグカップ・世界に一つだけのトールペイント・厳選された食器などが綺麗に並べられてます。

出典:https://greengablessite.wordpress.com/

伸子さんの素敵なセンスを感じますね。

お庭も本当に四季折々に手入れをされてて、赤毛のアン大好きな人にとっては感動すらするかもしれません。

夢の中に入ったかのような素敵な雑貨屋「GREEN GABLES」是非、足を運んでみたいお店です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 神田静村 より:

    伊那市中央公民館で切り絵教室おこなってます。初めて6ヶ月たちましたが
    仲間を7人ほしいのですが・・・・・・。1度作品展示して切り絵の魅力、
    楽しみ方を学んでほしいです。展示といっても借りるのわたかいです。
    会費格やすでとても気楽会です道具も1式で1500円模造紙1枚100円
    下敷き200円です切り絵を作っている方おりましたら是非紹介してく
    ださい。よろしくおねがいいたします。  神田

    • nagomi375 より:

      こんにちは、切り絵は芸術的で素敵ですね。ただ私の周りには切り絵を楽しんでいる友人・知人がいないのです。紹介できなくて申し訳ありません。