「おさかのパン ひこまさ」(岐阜県下呂市)のパンのメニューや値段は?営業時間もチェック【人生の楽園】

みなさんこんにちは。

2018年8月4日に放送される

「人生の楽園」で、70歳から

パン屋さんを始めたという

ご夫婦が紹介されます。

パン屋の名前は「おさかのパン ひこまさ」です。

どんなパン屋さんなんでしょうね。

70歳から・・というのが凄く印象的です。

パンのラインナップや場所など

気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

「おさかのパン ひこまさ」を営むのは岡﨑さんご夫婦

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

「おさかのパン ひこまさ」を営むのは

岡﨑昌彦さん(70歳)と妻の仁子さん(63歳)

のご夫婦です。

岐阜県下呂市小坂町に生まれた昌彦さんは

中学校を卒業したら名古屋へ行きます。

働きながら定時制高校に通っていたんです。

卒業後は小坂町に戻り、キャンプ場の

管理人をしていました。

そして友人の紹介で知り合った仁子さんと

結婚しました。

昌彦さんがパン作りに目覚めたのは40代の頃なんです。

キャンプ場のイベントで

「木の枝にパン生地を巻いて炭火で焼く」

という楽しそうなパン作りがきっかけで

ハマっていったんですね。

その後は自宅でもパン作りを始めたのですが

最初は家族にはパンの評判は良くなかった

ようです。

でも試行錯誤を繰り返して腕を上げていったんですね。

ついに誰もが「美味しい」というパンを焼けるまでの

腕になったんですね。

そんな昌彦さんは70歳を目前に

「自分で作った小麦でパンを焼きたい」

という新しい夢を持ちます。

昌彦さんは畑を借りて小麦の種を蒔いて

自宅のガレージを自力で改装。

70歳になった2017年の秋に

「おさかのパン ひこまさ」をオープンさせたんです。

スポンサードリンク

「おさかのパン ひこまさ」の場所や営業時間は?

住所:岐阜県下呂市小坂町大島1492-1

電話:0576-62-3725

営業時間:11:00~16:00 なくなり次第終了

定休日:火曜日・金曜日・日曜日

駐車場は一台分あるようです。

住宅地の中にひっそりと建っているのですが

オシャレな淡いブルーの外観で

入る前からワクワクしそうな感じですね。

小坂駅のすぐ近くです。

目印にしたらいいかな?

スポンサードリンク

「おさかのパン ひこまさ」のパンのメニューは?

現在はまだ自家製の小麦は育ててる最中なので

使っていないのですが、将来的には

自家製小麦を収穫してパンに使う予定

なんだとか。

使ってる材料も地元のものを

使い、無添加の天然酵母パン。

美味しくないわけがないです。

どんなパンがあるかチェックです。

出典:Facebook

  • 自家製あんのアンパン 150円
  • シナモンナッツ    190円
  • クリームパン     160円
  • 山型食パンゆめちから 450円
  • くるみ&レーズン   350円
  • シナモンレーズンパン 180円
  • チョコクリーム    160円
  • ベーコンエピ     230円
  • チーズフランス    190円
  • ウィンナーロール   180円
  • えごまロール     180円

パンなのでこれだけではなく季節ものや

期間限定パンもあるでしょうね。

新作にも期待しちゃいますね。

仁子さんと二人でお店をやってるので

沢山の量はないだろうけど丁寧に

焼かれたパンはとても美味しそうです。

写真はないですが、ピザもあるみたいです。

まとめ

「おさかのパン ひこまさ」はパンが主役ですが

店内も気になるところです。

昌彦さんが半年かけて倉庫から改造した

手作り店舗。

全部が手作りのお店ってそうそうないですね。

地元に根付くお店になれば素敵ですね。

やろうと思えば何歳からでも出来る!を

実現したご夫婦です。

健康で楽しくパンを作っていって欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする