弥平治の丘(やへいじのおか)綾部市にある農家民宿の料金や場所は?【人生の楽園】

こんにちは、ナゴミです。

2018年1月6日に放送される「人生の楽園」は冬の拡大スペシャル!

2件目は京都府綾部市で農家民宿を営んでいるご夫婦の紹介です。

農家民宿の名前は「弥平治の丘(やへいじのおか)」

どんな農家民宿なのか、気になる料金や体験メニューなどを色々と調べてみました。

関連記事:cafe nouka(のうか)亀岡市にある古民家カフェの場所やメニューは?

スポンサードリンク

弥平治の丘を営むのは四方さん夫婦

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

農家民宿「弥平治の丘」を営むのは、四方房夫さん(72歳)と妻の魁子さん(さきこ)(72歳)ご夫婦です。

房夫さんは元々綾部市出身で、46年前に魁子さんが嫁いできたんですね。

長年綾部市で暮らしてきたお二人ですが、房夫さん定年退職後に過疎化した昔賑わいのあった地域を活気づけたいと思い、妻の魁子さんが民宿を始めようと考えました。

房夫さんは当初、定年退職後はゆっくり生活がしたいと反対していたのですが、5年前に農家民宿「弥平治の丘」をオープンさせました。

お二人がお客様を迎える時に大切にしてるのが、「温故知新」のおもてなし。

温故知新=歴史・思想・古典など昔のことをよく調べ研究し、そこから新しい知識や見解を得ること

昔ながらの暮らしやおもてなしを沢山の人に知ってもらいたいと、季節に合わせた農家体験や薪割りなども出来るようです。

魁子さんが心を込めて作る田舎料理も魅力の一つです。

自家製のお米を「おくどさん」で炊くご飯は美味しいと評判を呼んでいます。

「おくどさん」=京言葉で「かまど」なんですって。

では、気になる場所や料金なども調べてみます。

「弥平治の丘」の場所や宿泊料金は?

住所:京都府綾部市岡安町横田44

電話:0773-44-0927 里山ねっと・あやべ 0773-47-0040

定休日:盆・正月

宿泊料金:1泊2食付き6000円~8000円

定員:2室1名~6名まで

タオル・バスタオル・洗面用具・寝間着は持参でお願いします。

スポンサードリンク

どんな体験メニューがあるの?

弥平治の丘は農家民宿なので、農家体験メニューがあるんですね。

季節によって体験できるメニューは違うのでしょうけど、出来ることは何か知らべてみました。

そば打ち体験 1500円

こんにゃく作り体験 1500円

ふき摘み・野菜収穫・バーベキュー・稲刈り・芋堀り・干し柿つくり・雪遊び・薪割り・餅つき・綾部太鼓・田植え

など、その時期によって出来ることが変わるってことは、季節もしっかりと感じられるから素敵ですね。

田舎がない人にとっては嬉しいことなんですよ~。

自分だったら何がしたいか?餅つきと田植えがしてみたいです!

まとめ

静かな丘の上にある農家民宿「弥平治の丘」で季節を肌で感じながらほっと一息付けたら癒されそうですね。

京都って、町中のイメージが強いですけど、ちょっと車を走らせて田舎に行っても素敵なところなんですね。

関連記事:【人生の楽園】で取り上げられたお店の一覧・都道府県別2017年4月22日放送分~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする