「里ぐらし」(宮崎県川南町)農家民泊の場所や魅力を紹介!体験メニューや料金は?【人生の楽園】

こんにちは、ナゴミです。

2017年10月14日に放送される「人生の楽園」農家民泊「里ぐらし」を営むご夫婦の紹介があります。

宮崎県にあるのですが、個人的に宮崎県は大好きなんですね。

人があったかいんです。

旅行に行った時も嫌な思いをしたことがありません。

宮崎の一般的なイメージといえば海ですとか、サーフィンとかなのかな?

今回紹介される「里ぐらし」はイメージとしては山なんですね。

どんな魅力が詰まった農家民泊なのか、調べてみました。

スポンサードリンク

「里ぐらし」を営むのは米山さんご夫婦

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

「里ぐらし」を営むのは米山知子さん(65歳)・夫の敏夫さん(68歳)ご夫婦です。

元々妻の知子さんが宮崎県川南町の出身なんです。

知子さんのご両親が戦後の入植し、クワ一本で荒れ地を切り開いた開拓移民だったんですね。

知子さんは保健師として社会に出て、職場で出会った敏夫さんと結婚して3人のお子さんに恵まれました。

そして、敏夫さんは某化学メーカーなので転勤が多く、日本各地で暮らしたそうです。

やがて知子さんの両親が亡くなり、親が切り開いた農地をそのままにしておけないと考えた知子さんは実家にUターンします。

敏夫さんはまだ定年前だったので、定年後にIターンで知子さんの実家に移住します。

敏夫さんが神奈川県鎌倉市出身なんですが、この行動力は素敵ですね。

川南町で野菜を育て、鶏やヤギを飼って自給自足の生活をします。

しかし、周辺も高齢化が進み、自分にも何か出来ることはないかと考えた知子さんは「農家民泊」をしたいと敏夫さんに話します。

「自分たちがしてきた暮らしを体験してもらい、この土地を知ってほしい、移住したいと思う人が一人でもいたら・・」という思いで2015年に農家民泊「里ぐらし」をオープンしたんです。

農家民泊「里ぐらし」の場所や料金は?

出典:http://satogurashi.com/

「里ぐらし」がある川南町は、日本三大開拓地の一つなんですって。(あとの二つは青森県十和田市と福島県矢吹町)

今は畜産を中心に農業が盛んのようですね。

住所:宮崎県児湯郡川南町大字川南25572-2(地区名:湯迫)

電話・FAX:0983-27-4601

携帯:080-6453-3122

JRだと川南駅が一番近いのですが、「里ぐらし」までお迎えにきたもらえるそうです。

場所が分かりにくいので、川南町立多賀小学校前にあるセブンイレブンを目印に進みましょう!

迷ったら電話すれば迎えに来てくれるみたいです。

宿泊料金は一泊二食付きで一人6500円です。安いです!

一泊朝食だと一人4000円・素泊まりは一人3000円です。

スポンサードリンク

魅力的な体験メニュー!

農家民泊だけあって、やっぱり目玉は体験メニューですよね。

「里ぐらし」で出来る体験メニューは何があるんでしょうか。

出典:http://satogurashi.com/index.html

手作りベーコン&スモークチキン体験 一人1000円(5名以上から)

たけのこ掘り体験 1000円(持ち帰りあり)

判明してる体験料金は上記のみですが、あとは野菜の収穫体験や加工体験、落花生の収穫や栗拾い・そば打ちなどがあるみたい。

宿では五右衛門風呂もあるみたいで、是非入ってみたいです。

季節によって、出来ることが違うでしょうし、農家だけあって、体験メニューは沢山ありそうですね。

敷地内には犬や猫・ヤギや牛もいて動物とのふれあいも出来るんです。

宿泊はしないけど、農家体験だけしたいというのも出来るようです。その場合は要相談みたい。

ギャラリーやカフェ「杜のこやぎ」

「里ぐらし」の敷地内でギャラリー&カフェ「杜のこやぎ」も今年オープンしています。

里ぐらしの敷地内で採れた野菜や果物・お米を使ってるんですって。

地産地消ですね。

出典:http://satogurashi.com/index.html

営業日:毎週土・日・月・火

営業時間:11:00~16:00

ランチ営業で「和ランチ」「洋ランチ」があるようです。どちらも500円と格安!

具材は季節によって変わるみたいですね。

和ランチ:自家製米・具だくさん味噌汁・新鮮たまご・漬物・小鉢

洋ランチ:ホットサンド・自家製ベーコン入りミネストローネ・ピクルス

スイーツは自家製のプリンや手作りケーキもあるからのんびりしたいときもいいですね。

カスタードプリン・・・400円

手作りケーキ・・・・・300円

かき氷・・・・・・・・300円

その他コーヒーやアイスコーヒー・自家製ミルクもあり各300円になってます。

サワーミルクというものあって350円なのですが、ミルクに生絞りの柑橘果汁を入れてるんですね。飲んだことないし、珍しーい。ゆず・だいだい・かぼすがあるようです。

そしてここでは地元のアーティストの作品も展示販売されてて、作品をみるのも楽しそうです。

こうやって、地元の方の作品を置いてくれる場所って貴重ですよね。

まとめ

魅力が沢山の宮崎県で新しい魅力を見つけた気分です。

海のイメージが強かったですけど、こんなに山からの恵みも豊富なんですね。

利用したお客様からの評判は、まず米山さんご夫婦の人柄がいいとあったので、農家を体験すると同時に田舎の実家に帰って来た気分が味わえそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする