「やすだ屋」(三重県菰野町)骨董とパンのお店のメニューや評判は?【人生の楽園】

みなさんこんにちは。

2018年10月13日に放送される

「人生の楽園」

骨董品とパン屋を営むご夫婦が出演されます。

お店の名前は「やすだ屋」

骨董品とパンとは珍しい組み合わせですよね。

どんな商品が置いてあるのか

お店の場所など気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

骨董とパンの店「やすだ屋」を営むのは安田さんご夫婦

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/

「やすだ屋」を営むのは安田龍一さん(66歳)と

妻の照子さん(67歳)のご夫婦です。

龍一さんは高校卒業後に自動車販売店で

整備士として働いていました。

その社内イベントで照子さんに出会い、

一目ぼれして交際が始まったようです。

当時はオイルショックの頃で、龍一さんは

安定を求めて警察官に転職し

翌年に照子さんと結婚し2人の子供に恵まれました。

龍一さんが骨董品に興味を持ち始めたのは

40歳の頃です。

テレビで骨董品を紹介する番組を見て、骨董市に

出かけた時に歴史ある物の魅力にはまってしまったんです。

それ以来小遣いで買い集め、コレクションは家に

入りきれないほどの数になったんです。

照子さんは子育てが一段落し、趣味で

パン作りを始めたんです。

これまでに集めた骨董品を何とかできないかと

考えた龍一さんは

「骨董と手作りパンを売る店を始めよう」と決意し

退職金で自宅に脇に店舗を構えました。

2012年に照子さんが骨董とパンの店

「やすだ屋」をオープンさせました。

「やすだ屋」のパンは天然酵母で小麦は

北海道産とこだわりの材料で作っているので

お客さんも大絶賛なんです。

でもお店の殆どは龍一さんの骨董品で

占められてるというのですから

不思議な雰囲気ですね。

スポンサードリンク

骨董とパンの店「やすだ屋」の商品メニューや評判は?

「やすだ屋」のパンは天然酵母を

使っているので、普通のパンよりも

ふくらみが少ないんです。

だけど中身がぎっしり詰まってて

噛めば噛むほど甘みを感じることが出来て

食べごたえがあるので満足感があるパン

なんですね。

出典:食べログ

商品メニューは

  • 塩パン
  • 塩メロンパン
  • メロンパン
  • ウィンナーパン
  • チョコクロワッサン
  • クリームデニッシュ
  • アップルデニッシュ
  • キャラメルブレッド
  • ミルククリームフランス
  • レーズン食パン
  • さつまいもパン

まだ定番のアンパンや食パンもあるし

サンドイッチ系やバーガー系の

パンもありました。

お客さんの評判も

  • 歯ごたえのあるしっかりした味のパン
  • カスタードクリームは好きではない人でも優しい味で美味しい

リピーターが多くいらっしゃるようです。

店内にはイートインスペースが

少しあるのですが、地域の社交場に

なってたりする時もあるんです。

活気があっていいですね。

ドリンクもあるのですぐ食べることが出来ますね。

出典:食べログ

そしてほとんど売れることがないという

龍一さんの骨董品ですが、いい意味で

レトロな雰囲気を出してて見てるだけでも

楽しい気持ちになりそうです。

スポンサードリンク

骨董とパンの店「やすだ屋」の場所と営業時間は?

住所:三重県三重郡菰野町千草3929-3

電話:059-394-7358

営業時間:10:00~17:30

営業日:木・土

すべてのパンが焼きあがるのは11:30くらい

とのことなので、その時間にいけば品物が

沢山ありそうですね。

駐車場は10台ほどあります。

出典:食べログ

アクセス方法としてはR306の

潤田交差点(あそクリニック)を

西に曲がり、少し進んだ先に北へ

入る道があるので入りましょう。

その先に古民家風の家があります。

まとめ

趣味から始まったパン作りでここまで

メニューを広げたのが凄いなぁと素直に

感じました。

骨董品とパンのお店はなかなか無い

貴重な組み合わせですね。

まだ骨董品は増えるのかな?

今後が楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする