「古民家カフェ甘欧(アモー)」(宮城県登米市)の場所や和風アフタヌーンティーなど魅力を紹介!【人生の楽園】

こんにちは、ナゴミです。

2017年12月9日に放送される「人生の楽園」で築110年を超えると言う古民家でカフェをされているというご夫婦の紹介があります。

宮城県登米市の山里に移住したご夫婦が週末だけの古民家カフェを営んでいます。

英国式のアフタヌーンティーを和風にアレンジして口コミでお客様が沢山訪れるお店だそうですよ。

どんなお店なのかとっても気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

古民家カフェ甘欧を営むのは伊藤さんご夫婦

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

今回紹介されるのは伊藤秀作さん(51歳)と妻の由紀恵さん(48歳)のご夫婦です。

里山に建つ、築110年を超える古民家でカフェを営みながら、食材も自給自足で生産している伊藤さん。

仙台が出身の秀作さんは、小学校の教員をしていました。

秀作さんの趣味は「キャンプ」なのですが、妻の由紀恵さんや二人の娘さんも影響を受けて、アウトドアな一家だったんです。

そして、そのうち「自然豊かな田舎で暮らしたい」と考え始めた秀作さんは古民家を中心に物件を探し始めます。

4年前、登米市で見つけたのが今の物件、築110年を超える古民家だったんです。

古民家を購入して石巻市の自宅から通ってリフォームを続け、週末だけの田舎暮らしを楽しんでいたんです。

でも秀作さんは「仕事を辞めて完全移住したい」と言い、由紀恵さんはいずれカフェをすることを条件に移住を承諾しました。

由紀恵さんは昔からお菓子作りが得意で、英国式の茶会「アフタヌーンティー」が趣味だったんです。

2014年の夏に登米市に完全移住を果たし、由紀恵さんの夢だったアフタヌーン・ティー専門のカフェ「古民家カフェ甘欧(アモー)」をオープンさせたんです。

カフェの調理や生活に使う燃料はすべて「薪」を使っているそうです。凄いですね!

古民家カフェ甘欧(アモー)は週末のみの営業で囲炉裏の間があり、お客様が炭火で温まり、朱塗りのお膳で出てくるアフタヌーンティーを楽しみ、ニワトリやアヒルが歩く庭・・なんだか不思議な空間ですね。

出典:https://iko-yo.net/

古民家カフェ甘欧(アモー)の場所やアクセスは?

甘欧(アモー)の名前の由来は伊藤さんご夫婦がフランス旅行した時に、ヴェルサイユ宮殿の中に造られたアモー(貴族が城の敷地内に農家を住まわせて農作業を行わせた牧歌的風景の小規模な農村)を見て感動し、漢字を当ててカフェの名前にしたんですって。

住所:宮城県登米市東和町錦織字入沢97

電話:0220-44-4274

営業時間:10:00~18:00

営業日:土・日・祝日

駐車場:5台

座席数:8席

アクセスは三陸自動車道 登米ICより車で15分ほどで到着するみたいですね。

道中で道に迷ったら、電話しても良いようです。

スポンサードリンク

喫茶メニューや古民家体験メニューはどんなもの?

古民家カフェ甘欧さんは、12月2日より完全に予約制となっています。

当分の間とあるので、また予約が無くても大丈夫な日がくるかもしれないですが、こればかりは分からないところですね。

でも、予約していったほうが安心して訪れることが出来るから、行くときは必ず予約していきましょうね。

出典:https://iko-yo.net/

喫茶メニュー

アフタヌーンティー・・・・2000円

【マカロン・一口菓子・柔らかい菓子・本日のケーキ・スコーン・キッシュ・サンドイッチ・紅茶】

ケーキセット・・・・・・・600円 本日のケーキとお飲み物

和菓子セット・・・・・・・600円 本日のお菓子とお飲み物

飲み物・・・・・・・・・・各350円

コーヒー・抹茶・冷やし飴・ハチミツレモン・柚子はちみつ(温)・ほどり飴(温)

古民家体験メニュー

昔の農業体験・・足踏み脱穀・とうみ・石臼挽き

食べ物作り・・・ピザ焼き・ソーセージ作り・竹パン作り・きな粉菓子作り

家畜とのふれあい・・ヤギの散歩・ニワトリの餌やり

その他・・・・秘密基地作り・土壁ぬり・炭焼き・流しそうめん・焼き芋

出典:https://iko-yo.net/

沢山あるんですね。

季節などによって、体験できるメニューが違うので、お問い合わせしてから予約することをおススメします。

スポンサードリンク

古民家カフェ甘欧(アモー)の魅力とは?

まず、敷地内にはヤギやニワトリ、アヒルが自由に散歩していてのどかな雰囲気。

小麦と野菜の畑があって農家の風景が癒されます。

お店の中の魅力はやはり「囲炉裏」ではないでしょうか。

そして囲炉裏で頂ける「アフタヌーンティー」はここだけじゃないですか。

朱塗りのお膳の彩りもまた楽しめますよね。

出典:http://www.city.tome.miyagi.jp/index.html

アフタヌーンティーで使われる材料の小麦や卵も自家製で、ヤギのお乳はチーズケーキやアイスクリームに使われることもあるようです。

コーヒーは秀作さんが石窯で焙煎して丁寧に淹れて下さるようです。

そして甘欧(アモー)では「グリーンツーリズム」を行っていて宿泊体験も出来るようです。

まとめ

古民家カフェ甘欧(アモー)は他では真似できないような唯一無二なカフェですね。

農家の風景に癒されて、囲炉裏でアフタヌーンティーを楽しみ、食べるだけではない体験も出来ちゃう・・。

ひと昔前の生活スタイルでカフェを営み、生活する伊藤さん夫婦の「古民家カフェ甘欧」素敵です。

関連記事:【人生の楽園】で取り上げられたお店の一覧・都道府県別2017年4月22日放送分~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする