矢野博丈(ダイソー)の経歴や改名した理由は?ネガティブなのに成長してる訳が深い!【カンブリア宮殿】

こんにちは、ナゴミです。

2018年1月18日に放送される「カンブリア宮殿」

あの100円均一で有名なダイソー産業の社長・矢野博丈さんが出演されます。

私もダイソーとの付き合いは20年以上・・。

知らない人はいないダイソーの社長ってどんな方なのか、

経歴や性格なども気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

矢野博丈さんのプロフィールは?

出典:https://www.daiso-sangyo.co.jp/

名前:矢野 博丈(やの ひろたけ)旧名:栗原 五郎

生年月日:1973年4月19日

出身地:広島県東広島市

学歴:中央大学理工学部二部土木工学科卒業

矢野さんは中国の北京市で生まれています。

これは、中国の方という訳ではなくて、戦争で両親が中国に渡ってたからという

理由なんですね。

名前が変わってたり会社名や出生地で、日本人ではない?という疑問もあるのですが

純日本人のようです。

家族は妻の勝代さんと、息子さんの寿一さんがいらっしゃいます。

矢野博丈さんが改名した理由は?

矢野博丈さんは旧名・栗原五郎さんという名前です。

学生の時に奥様の勝代さんと結婚されてるのですが、

その時に奥様の名字の「矢野」にされたようです。

ご自身の将来を商売で生きていくことを決心した矢野さんは

商売をするには屋号が大事と考えたんです。

元の苗字「クリハラ」だと長すぎる!と感じたんですね。

奥様の名字「ヤノ」だったら、言いやすいし親しみやすい。

という理由で、「クリハラ」から「ヤノ」に変えたんです。

商売人ですね。

矢野さんは8人兄弟の5男だったので跡取りでもなかったので

両親の反対もなかったのでしょうね。

スポンサードリンク

ネガティブなのに成長してるわけは?

矢野社長は、いつもネガティブな言葉を言ってるようです。

その理由は若い頃に沢山の失敗や借金を背負って大変な思いをしてるから

なんです。

奥さんの実家の家業を継いだけど3年で倒産させて700万の借金を背負ったり

9回の転職で苦労した人生だったんですね。

なので、今の現状に満足してしまうと努力をすることを怠ると考えてるんですね。

常に心に不安や危機感を抱えててるからこそ備えが出来るんだと考えてます。

ただ、ネガティブ発言がほんとにネガティブすぎてクスっと笑ってしまいます。

  • 6年ぐらい前まで「ダイソーはつぶれる」という確信を持っていました
  • やってきたことがいいか悪いかは、ダイソーが潰れる時にならんとわかりません
  • 急成長してきたセリアや、キャンドゥのおかげで「潰れるかもしれない」と思えた。その危機感があったから持ち直すことが出来た
  • 自分は才能も運もない人間だ
  • そもそもワシは、会社というものはいつかダメになるものと考えとるんよ

社長っていうのは、なんかこう会社の成長に闘志を燃やすイメージなん ですけど、

矢野さんは全く逆のイメージですね。

ネガティブも逆にいえば、謙虚ということになるんですかね。

謙虚さもないと人として・・ってなりますけどそういうこと!?

矢野社長語録で「人間は自己否定で強くなる」ってあるので信念なのでしょうね。

本も出版されてますが、矢野さんの人生がこの一冊に濃くまとめられてる

います。

今から商売を考えてる方には参考になる思考があるのでしょうね。

そしてそんなネガティブな思考で2017年10月の時点で

国内では3150店舗・海外では26カ国1900店舗のお店を

展開してるんです。

2017年3月の時点での年商は4200億円だったんです。

いやー、儲かってますね。

はい、私も微々たる金額を落としてますよ(笑)

まとめ

全国どこにいてもあるダイソーは地域によって置いてる商品が微妙に違ってたり

毎月新しい商品がどんどん出てたり、何度足を運んでも飽きることがないですね。

ダイソーを語らしたら止まらない人も沢山いるでしょうね(笑)

みんなに愛されるダイソーの社長・矢野博丈さんが、

今後どういうお店展開をしていくのか気になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする