頼島産婦人科の先生の印象と健診の流れや待ち時間

スポンサードリンク

出産をする病院を選ぶ時って

費用も大事なのですが、赤ちゃんを

見てもらう先生の印象

病院内での待ち時間

結構重要ですよね。

先生の印象なんて人それぞれなのでしょうけど

私が感じる印象と他の人が感じる

印象は違うかもしれませんが

素直に感じた印象を書いていきますね。

口コミの先生のイメージと

違ったのかどうなのか。

あと最初は分からなくておどおど

しながら行った健診の流れや

待合室の様子も書きます。

スポンサードリンク

頼島産婦人科の健診の流れ

子連れで入院した時のことも書いてます。

頼島産婦人科で子連れ入院して出産した体験談とかかった費用

頼島産婦人科では受付に母子手帳と

診察券を出したら、受付台の端にある

紙を取って、体重と血圧を

測りに行きます。

自分で体重を測って用紙に

記入するんです。

実は重たい服を着てるときなんか

500gほど勝手に差し引いてました。

他の方がどうだったのかは不明です。

なのでおまりおススメしませんけど

妊娠中って結構体重の増加に敏感ですよね(汗)

周りに人がいたら体重を見られないか

ドキドキしたものです(笑)

そして尿検査の為にトイレへ行き

採尿してトイレで用紙と

尿の入ったコップを小窓から

提出し、そのまま待合室で

名前を呼ばれるまで待ちます。

スポンサードリンク

頼島産婦人科の待合室や待ち時間

待ち時間なのですが、実は結構待ちました。

ここは予約制ではないので

実際に病院を訪れないと混んでるか

分からないんですね。

混んでるときは駐車場も空いてない程

だったんです。

私は平日の10時とか11時に

健診に訪れたのですが

30分以上待つのは当たり前でした。

10時台に行くと1時間は待たされる

事が多く、11時半や12時の受け付け

ギリギリだと割と早く呼ばれてました。

なので、昼前に行くと待ち時間は

少なくて済むかもしれません。

ただ、健診内容によっては(NSTなど)

病院から早めに来るように言われる

こともあったのでその時は10時台に

行ってました。

待合室には子供が遊ぶキッズスペースも

あったので上の子は退屈はしなかったです。

ソファもイスも十分あるし

雑誌や漫画・絵本も沢山ありました。

スポンサードリンク

頼島産婦人科の先生の印象

頼島産婦人科では診察室が4つあります。

毎日全診察室が空いてるわけではないようですが

私はメインで頼島信院長先生

副院長の永井徹先生に診てもらってました。

頼島信院長先生

笑顔が控えめだけど優しい先生です。

上の子を見るたびに「大きくなったね~」

と声をかけて頂きました。

エコーも丁寧に診てくれ

時間をかけて赤ちゃんを隅々

見せてくれました。

静かにお話される先生でした。

下の子を出産する時は朝の4時だった

のにもかかわらず、一緒に入院した上の子にも

優しく話しかけてくれました。

永井徹副院長先生

永井先生は割と淡々とお話される

先生です。

だからと言って怖いという感じでも

冷たいという感じでもないです。

というのも説明が丁寧で質問にも

きちんと答えてくれるし

永井先生も丁寧にエコーで

赤ちゃんを診てくれました。

スポンサードリンク

頼島産婦人科には女医さんもいるよ

男性の先生が苦手という方は女医さんを

指名することが出来るようです。

ただ、女医の四方先生は金曜日午後にしか

いらっしゃらないようなので

曜日と時間が限定されますね。

あと、副院長先生はもう一人いて

頼島力先生という院長先生の弟さんです。

私は頼島力先生には当たったことが

ないのですが、話によると

里帰りされる方を専門でみてるという

話を聞いたことがありますが、

実際に健診を受けてないので印象は

語れません・・。

全体的に満足の行く産婦人科でした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク