佐伯区のスーパーアルゾが地域で一番安くて子連れにおススメの訳

スポンサーリンク

佐伯区に引っ越して来た時ですが

買い物に行くとき、どこに行くか迷いました。

結構な数のスーパーがあって

それぞれいいところもあったりするので

色んなスーパーに出入りしていたのですが

利松にある「アルゾ」にひょこっと

行ってみたらハマってしまいました。

アルゾは広島に本社がある「万惣」という

会社が運営してるスーパーで

ここも元々「万惣」っていうスーパーでした。

それがアルゾに改装されてたので

どんなスーパーか行ってみたんです。

子連れで買い物に苦労してる方や

安くていい商品を求めてる方にはピッタリだと

感じました。

アルゾの良いところ

激安スーパーアルゾで万惣カード3%引きの代わりに値下げしてる商品や価格

ただ単に安いってだけのスーパーは

割とあるのですが、ちょっとした違いが

あるだけで通うか通わないか決まっちゃうんですよね。

私が感じたアルゾの良い点を挙げてみます。

行ったことがない方の参考になったら嬉しいです。

通路が広い

初めてアルゾに買い物に行ったとき嬉しかったのが

通路が広いことでした。

アルゾからそんなに遠くないところに

ある激安スーパーは通路が狭くてストレスを

抱えてたので、広い通路でのびのび商品を

選べると、買い物が格段に楽しくなります。

店内に人が沢山いて、買い物客が多くても

移動が楽なのは、ベビーカーや買い物カートを

使用する方には嬉しい事ですよね。

カートが豊富

アルゾは買い物カートの種類が豊富です。

普通のカートと、子供が乗れるカートが

あるのですが、この子供が乗れるカートが

2人子供がいても乗れるカートなんです。

こんな感じのカートですが、長女と次女が

カートに乗りたがったら今までは

一人に我慢させてたのですがこれだと

二人が楽しく乗ってくれるので有難いんですよね。

もちろん一人乗りのカートもあります。

そしてカートは籠を使わなくていいのでレジの時に

籠を持ち上げるという事がないので腰に優しいです(笑)

商品が豊富

アルゾは大手のスーパーのような

高級路線の商品はないのですが

小さな会社の商品を積極的に

陳列してる感じがします。

例えば納豆

私はなるべく国産の大豆を使った納豆を

購入するのですが、他のスーパーだと

種類が少ないし、お値段が高めなんです。

アルゾはあんまり聞いたことがない会社の

納豆を置いてるんですけど、北海道産や

九州産の大豆を使った納豆だったり

値段もいつ行っても70円台で家計に大助かりです。

プリンも知らない会社の商品を置いてたりしますけど

広島県山県郡にある会社製造だったりと

地域の商品を置いてたりするんです。

もちろん安かったので買って食べたのですが

とても美味しかったです。

店員さんによる袋詰め

最近のスーパーは買い物袋持参が当たり前ですが

アルゾは店員さんがレジをしながら商品を

袋に入れてくれます。

袋代は取られません。

初めて行ったとき、ビックリしてしまいました(笑)

もちろん希望すれば自分で袋に詰めることも

出来ますけど、小さい子連れにはありがたいサービスです。

ワンフロア

利松のアルゾはワンフロアに全部そろっています。

商品もそうですけど、日用品も広いフロアに

全部あるんです。

子連れだと、フロアが1階と2階に分かれてたら

買い物するのが一苦労なのですが

アルゾだと一気に買い物を終わらせることが出来ます。

レジも一回で終われるので楽です!

隣に100均のセリア

アルゾの建物の隣は100均のセリアがあります。

広島ってダイソーは多いんですけど

セリアってそんなに店舗ないんです。

アルゾで買い物して、カートに子供達を

乗せたままセリアに買い物に行けるので

何度も言いますが本当に楽なんです。

子連れで買い物が楽って私には重要です。

アルゾの改善してほしいところ

そんなアルゾにもちょっとだけ不満があります。

アルゾはクレジットカードが使えないんです。

そして電子マネーカードはあるんですけど

今までは電子マネーカードで支払うと3%引きに

なるサービスが終了してしまいました。

なので最近は現金のみです。

財布に現金があるか確認を怠った時は

ヒヤヒヤします。

アルゾにはATMがないので現金が足りなかったらアウトです!

色んなサービスをしない代わりにこの安さ

なんだろうなとは思うのですが、

慣れが必要ですね。

でも安いしシンプルなのでこれからも

通い続けます。

アルゾalzo五日市利松店

住所:広島市佐伯区利松1丁目10-66

電話:082-926-2101

営業時間:9:00~21:00

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク