矢野健夫の経歴や家族は?モーターパラグライダーで撮影した絶景CMや作品とは?【モノシリー】

こんにちは、ナゴミです。

2018年1月26日に放送される

「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~」

で興味をもったのがモーターパラグライダーカメラマン・矢野健夫さん

お髭がとっても印象的なのですが・・矢野さんは、自らモーターエンジン付きの

パラグライダーを操縦して、世界で初めて

モーターパラグライダーとハイビジョンカメラを

使って超低空飛行撮影をして全く新しい映像世界を

創り出した第一人者なんです。

矢野さんは一体どんな方なのか?

気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

矢野健夫さんのプロフィールは?

出典:https://ameblo.jp/yanoshot

名前:矢野 健夫(やの たけお)

生年月日:1952年1月3日

出身地:高知県

株式会社バードアイズ代表取締役

2014年に高知県観光特使に任命される

矢野健夫さんは、子供の頃から空に憧れて

「ピーターパンのように自由自在に飛びまわりたい」

と思っていたそうです。

人が自由に空を飛び回る錯覚に陥ってしまう程

不思議な感覚になる映像を撮ることに成功した

第一人者なんです。

最近では空撮はドローンの映像がメインに

なってるような気がしますがドローンが出来る

ずっと前から矢野さんは、鳥のような目線での

空撮をされていたんですね。

矢野さんは株式会社バードアイズ代表取締役

をされています。

夢が仕事になってるということですよね。

矢野さんがパラグライダーを始めたのは

40歳を過ぎてから。

モーターパラグライダーで仕事を始めたのは

50歳を過ぎてからなんです。

やりたいことはいくつになっても出来るんですよね。

スポンサードリンク

矢野健夫さんの家族は?

矢野健夫さんはよく空中をお散歩されてますが、

やっぱり空って危険が伴うのでしょうね。

家族は心配だろうなと思いつつ、矢野さんの

家族ってどんな方たちなのかな?

と思って、ブログなどを読んでいたら、

矢野さんは既婚で奥様の幸代さんと、

娘さんがいらっしゃるみたいです。

一人は結婚されているとこが判明。

もしかしたらお孫さんいるのかな?

娘さんはもう一人いらっしゃるみたいで、

もう成人しているみたいですね。

でも、家族で出かけたりされてて、とても

仲の良い家族なんだということが伝わってきました。

矢野健夫さんが撮影した絶景動画や使用されてるCMは?

モーターパラグライダーを高い技術で操縦して、

ヘリや飛行機では危険で近づけない場所まで

接近しての撮影なので、そりゃあもう迫力満点ですよね。

そしてモーターパラグライダーのモーターって、ガソリンも入ってるので

50キロにもなるんですって。

それをいつも背負って撮影してるんですから凄い体力ですね。

矢野さんが撮影してる「空を飛んでる感覚」を感じられる映像を

「YANO SHOT」と呼んでいるそうです。その特徴は

  • 超低空飛行でのハイクオリティーな映像。
  • 狭い場所での自在な飛行。
  • 振動や不快な揺れをなくしたスムーズな映像。
  • ハイビジョンカメラによる高品質で、限りなく人間の視野に近い映像。

引用元:http://www.bird-eyes.com/

それでは、実際に撮影された映像を見てみましょう

アメリカのモニュメントバレーです。

吸い込まれそうです。

この映像を見てたら、「風の谷のナウシカ」で

メーヴェに乗ってペジテに向かうをナウシカと

アステルを思い出します(笑)

ACジャパンのCMで使われた映像です。

自然の偉大さを空から撮影されてます。

他にも博物館明治村CM

大河ドラマ「龍馬伝」タイトルバック

にも映像が使われてるんです。

DVDでも発売されてるんですね。

まとめ

高所恐怖所の方にはゾッとする映像かも

しれないですけど飛行機が好きだったり、

空を飛ぶ願望があったらずっと見ていたい

映像ですね。

ドローンも面白いですけど、

モーターパラグライダーで撮影した映像は

実際に空を滑らかに飛んでるような気持ちになります。

素敵な映像ありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク