「ルビーのいちご」の評判や取り寄せはどこ?出雲市の吉岡製菓の場所は?【所さんお届け物です】

こんにちは、ナゴミです。

2018年2月11日に放送される

「所さんお届けモノです」

大好きなイチゴ大福が色々紹介される

みたいです。

ところさんはイチゴ大福があまりお好きで

ないようで(汗)

そんな所さんをうならせるイチゴ大福って

出るのかな?

私は番組で紹介される「ルビーのいちご」

かなり気になったので通販などしてるか

調べてみました。

スポンサードリンク

「ルビーのいちご」を作ってる吉岡製菓とは?

島根県出雲市にある吉岡製菓さんが

販売してるのが「ルビーのいちご」。

和菓子だけでなく洋菓子も販売してる

老舗のお店なんです。

今の社長は2代目で、先代の父から引き継いだお店で

にじいろジーンでも出演してたのですが、

(お嫁さんと姑さんがミラクルチェンジしてた)

一族で経営してるのでしょうね。

なので老舗なんですけど、現代風の

新しさや新商品の開発に向けた熱意は

とても情熱にあふれてます。

お店の場所や住所も調べてみました。

出典:http://yoshioka.shimane.jp/index.html

住所:島根県出雲市斐川町荘原3930

電話:0853-72-4566

営業時間:9:00~19:00

定休日:火曜日

出雲大社から車で大体30分ほど。

お参りついでに行ける距離かな?

スポンサードリンク

「ルビーのいちご」の美味しさの秘密や評判は?

出典:http://www.pictame.com/

まず見た目ですよね!

ルビーとか大げさ?と思いきや、

イチゴ大福のイメージと全然違う綺麗で

きらきらしたイチゴ!

手のひらにあると結構一個が大きいですね。

四国を中心とした国産のイチゴを

使っていて通常はお菓子には使用しないランクの

イチゴを使ってるんですって。

なので見た目も綺麗で整ってるんです。

そのイチゴに5層の生地を手を使わずに

包み込んでるんですね。

方法などは明かされてませんが企業秘密なのでしょう。

なんといっても開発に5年もかかっているんです。

出典:http://www.pictame.com/

なぜ手を使わずに包む必要があるか?というと

手の体温でフルーツの鮮度が落ちるのを

防ぐためなんです。

徹底してますね。

手を使ってないけど一個一個手作りされてるん

です。

そしてアレルゲンを持ってる人が多い

「小麦・卵・乳」は一切使用してないので

割と大勢の方が安心して食べられる

和菓子ですね。

安心できて究極に美味しかったら

幸せです。

販売開始は平成28年からなので、

まだ歴史は浅いけどこうやってどんどん

人気商品になっていきそうです。

ルビーのイチゴを食べた方の評判を調べてみたら

食感はモチモチではなく、ぷるんぷるんみたい。

イチゴでぷるんぷるんってどんなだろう。

厳選した甘いイチゴの甘酸っぱさと白餡の

優しいまろやかな甘みが上手くかみ合って

口の中で美味しさがはじけるようです。

食べてみたいな~。

お値段は一箱6個入で3240円です。

スポンサードリンク

「ルビーのいちご」のお取り寄せ情報!

肝心のお取り寄せ情報です。

吉岡製菓さんは通信販売をされてるのですが

「ルビーのいちご」があるかどうかなんですよね。

まず、店舗に足を運んでも売り切れの場合が

結構あるので、店舗に行かれる場合は

予約されてたほうがいいみたいです。

お取り寄せが出来るのはヤフーショッピングですね。

出典:https://twitter.com

吉岡製菓

凄いのは販売されて間もないのに

ヤフーショッピング大福部門全国ランキング

堂々の1位を獲ってるんです。

それだけファンが多いのですね。

売り切れの場合が多いのですが

再入荷のお知らせを登録しておけば

買えそうですね。

まとめ

見た目からイチゴ大福のイメージを

崩しにきた大福でしたね(笑)

開発に5年もかかるくらいの情熱は

凄いです。

老舗和菓子屋と言われてもどんどん新しい

商品を開発してる吉岡製菓さんは

これからも新商品を出していくのかも

いれないです。

地方にあるのが本当に不思議です。

地域の発展にも貢献してるのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする