芳根京子さんの性格は?涙の過去や現在のポリシーも明らかに!【A-Studio】

こんにちは、ナゴミです。

2017年5月12日の「A-Studio」に女優の芳根京子さんが出演されます。

芳根京子さんといえば、朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインだったり、最近でいえば、ドラマ「小さな巨人」で警視庁人事課の職員を演じたり、この他にもドラマ・映画・CMなどに出演されてる売れっ子女優さんです。

そんな芳根京子さんのありのままの素を「A-Studio」は見せてくれるのか?

スポンサードリンク

芳根京子さんのプロフィール

出典:http://www.oricon.co.jp/

本名:芳根 京子(よしね きょうこ)

生年月日:1997年2月28日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:159cm

趣味・特技:ピアノ・フルート・持久走

芳根さんは中学校2年生の時にギラン・バレー症候群という10万人に1~2人が発症するという稀な難病を発症していました。今は完治して支障はないようなのですが、この病気は運動神経に障害が出て、歩行だったり、呼吸困難だったり、顔面麻痺などが出る症状があるようです。

闘病中はとても不安だったでしょうね、まだ中学生の頃・・。

克服されて、命の重みを認識したと、インタビューに答えてました。病気を乗り越えて、心が大きく成長したんですね。ほんと、完治したからこそ見える世界がありますよね。

2013年に「ラスト♡シンデレラ」で女優デビューした芳根さん。デビューのキッカケは高校1年生の時に、友達に誘われていった遊助さんのライブ会場でスカウトされたようです。

芳根京子さんの号泣した過去

2013年にデビューした芳根さんでしたが、当時は今と違ってやる気がなく、誰よりもプロ意識が低かったようです。当時のマネージャー曰く

「ブログを書きなさいと言っても書かず、小説を読みなさいとわざわざ読みやすい本を選んで渡してもまったく読まない、オーディションに落ちても悔しがるわけでも反省するわけでもない」

そして、1年ほどたち、マネージャーに「もう辞めたら?」と告げられ大号泣して大喧嘩になったそうです。「今辞められても事務所に損も得もない」と言われカチーンと来たそうです。

だったら私が辞めたら困るくらい大きくなって、辞めてやるー!と思った」

そこから仕事に対して意識が変わり、仕事が楽しくなっていったそうです。

芳根さん、ふんわりした可愛いお顔の中に勝気な性格が垣間見えますね(笑)今は、マネージャーさんや事務所に対して恩返しをしていきたいそうです。

そして、律儀な方のようです。こういう方、好きです。

スポンサードリンク

芳根京子さんのポリシー?

マネージャーさんとの大喧嘩の末にブログを書きだしたのでしょうね。

芳根京子さんは、今現在お仕事を始めて5年位で、毎日ブログを更新することをポリシーとしているようです。

でも毎日忙しいし大変なのでしょう、「そろそろ限界・・」とインタビューされてました(笑)

今は限界を感じつつも半年くらい更新し続けてるそうです。なかなかの根性ですね。

そして、芳根京子さんはとても勘がいいそうで、「20年間勘で生きてる」とズバリ言ってました。勘がいいのは羨ましいんですが、そればかりに頼るとちょっと怖いですね。

まとめ

6月14日に初めての写真集も発売する予定の芳根京子さん。

1年かけてチェキでじっくり制作した写真集のようですね。「こんな写真集みたことない!」と言わせたいくらいの濃い内容のようです。

まだまだ若くて、女優として成長過程の芳根京子さん、ドラマや写真集、映画でどんどん演技力があがっていくことを楽しみにしていきましょう。娘を見守る母の気分ですね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする