山本美月の家族とは?オタクなモデルがデビュー時代の苦悩を告白!【アナザースカイ】

こんにちは、ナゴミです。

2017年5月5日に放送される「アナザースカイ」にモデルの山本美月さんが出演されますね。

今回はドイツ・ロマンティック街道へ行くみたいです。家族の思い出の地なんだそうで、12年ぶりにその土地をめぐります。人は誰でも悩みがあるものですが、美人でスタイルもいい美月さんに一体どんな悩みがあるのでしょうね?

スポンサードリンク

山本美月さんのプロフィール

出典:http://lineblog.me/yamamotomizuki/

本名:山本 美月(やまもと みづき)

生年月日:1991年7月18日

血液型:O型

出身地:福岡県

学歴:明治大学

趣味:絵を書くこと・コスプレ

特技:ヴァイオリン・テニス

身長:167cm

山本美月さんのデビューは高校3年生だった2009年の7月に行われた、第一回「東京スーパーモデルコンテスト」に出場し、グランプリを獲得しています。

なんかサラリと書きましたが、このコンテストは「CanCam」、「PS」、「AneCan」、「Oggi」の4女性誌合同開催の大きな大会だったんですね。

その中でCanCam賞も受賞し、雑誌CanCanの専属モデルになりました。

2011年にはテレビドラマにも出演し、女優活動を開始し、映画、CMなど、モデルというより、普通に女優さんでしょってくらい活躍していましたね。

それもそのはず、高校生の時は「演劇部」に所属していたそうなので、演技は初心者ではなかったんですね。

高校を卒業してからは、すぐに大学に進学して上京してます。大学生活をしながらモデル・女優に仕事もこなしていた山本美月さん。忙しかったのでしょうね、大学ではいい出会いは無かったとインタビューで答えてました。

オタクなモデルとして悩んでた?

今ではすっかり山本美月さんが、超オタクでコスプレが趣味で漫画も描いて・・というのは結構有名みたいですね。

これが美人の美月さんだからみんなに受け入れられたのか分かりませんが、ほんと、なかなか上等なオタク具合ですよね。

今も昔も大好きなのは『鋼の錬金術師』の主人公のエドワード・エルリックだそうです。

うん、かっこいいよ、否定しないー(笑)

ちゃんと自分の世界を持ってて、モデルの仕事もして・・となったらさぞ幸せだったんじゃないかと思ってしまいますよね。

番組で告白される、デビュー当時の苦悩って、オタクに関係があるのかな?

デビューしてもしばらくは、オタクの趣味をカミングアウトすることは、事務所から止められていたそうです。これだけオタクな趣味を事務所に否定されたら辛かったのでは?と思いませんか?

今は、自由にアニメや漫画の話も出来て、コスプレも認められて、デビュー時よりは幸せなんじゃないかな?そうであってほしいな。

出典:http://lineblog.me/yamamotomizuki/

美月さんが描いた可愛いイラストです。

スポンサードリンク

山本美月さんの家族って?

山本美月さんの家族について、ちょっと調べてみたんですけど、そこまで詳しいことが乗ってなかったのですが、ちょくちょく話に出てくる家族についてまとめてみました。

父親について・・・美月さんのオタクの趣味はどうやら父親譲りのようですね(笑)漫画・アニメ・ゲーセンなどを小さい頃から一緒に楽しんでたようです。今でも仲良し親子なんですって。

母親について・・・美月さんが、絵を書くようになったきっかけは母親の影響が強かったようです。美月さんは中学校の時は美術部だったのと、母親が美術の教師の資格を持っているそうで、よく絵を書いていたんだそうです。図工と美術の授業はクラスで1番だったんですって。

ブログではたまにイラストが出てきますが、本当は絵画のほうが得意らしいです。5月5日放送のアナザースカイでは「ノイシュバンシュタイン城」を書くそうで、出来が楽しみですね。

あとは、祖父が高等学校の生物教師で。美月さんの大学進学の学部の選択理由になっていました。(明治大学農学部生命科学科)美月さんの趣味とかけ離れてて意外な感じがしますね。

他にも家族がいるのかはわかりませんでした。妹がいる噂もあるのですが、それ以外一切何もわからないのでお手上げです・・。

まとめ

山本美月さんはモデルで女優でありながら、オタクに一面もみせる変わった(失礼)方ですね。でも、変に飾らなくて、堂々としていて、逆に好感度が増しますね。

今後に山本美月さんの心をつかむことが出来る実在の人物は現れるのかも気になります。

エドワード・エルリックとはどうしても一緒になれないですものね(汗)

アナザースカイで語られる話も楽しみに、どんなエピソードが増えるのかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする