八神純子さんは何者?生い立ちや経歴や家族が気になる!?【2017広島FF】

こんにちは、ナゴミです。

2017年、広島フラワーフェスティバル(FF)のスペシャルゲストに、シンガーソングライターの八神純子さんが招かれます。

毎年盛り上がりを見せる広島FFですが、今年のスペシャルゲスト八神純子さんとはどんな歌手なのかあまり知らないので、調べてみました。

スポンサードリンク

八神純子さんのプロフィール

出典:http://www.jabup.com/

本名:八神 純子(やがみじゅんこ)

結婚後の本名:スタンレー純子(ジューン・スタンレーの名前で活動するときもあるそう)

生年月日:1958年1月5日

出身地:愛知県名古屋市千種区

学歴:愛知淑徳高等学校卒業

高校入学すると、ヤマハのヴォーカルタレントスクールにも通い始め、高校卒業後に音楽の道に進まれて20歳の時に「思い出は美しすぎて」でプロ歌手として本格的にデビューしています。

ですが、八神純子さん、作詞作曲家としての才能が高校生の時にあったんです。

高校在学中だった1974年、16歳のとき初めて作詞作曲した「雨の日のひとりごと」で、第8回POPCON優秀曲賞に入賞した。なお、この会には「幸せの時」もノミネートされ、入賞曲に選ばれている。同一大会で2曲ノミネートされ、2曲同時に入賞したのは、つま恋で本選会で開かれてからは、後にも先にも彼女だけである。

初めての作詞作曲でってことなので、これは才能なんでしょうね。

八神純子さんの生い立ち

八神製作所創業家出身で後に同社第4代会長となる八神良三さんの長女として生まれました。

生まれた実家は豪邸で約3000坪あったそうです!かなりお金持ちのご実家ですよね。

八神製作所は主に、医療機器を扱う会社なんですね。

3歳からピアノを習い、小学校1年生から日本舞踊を習ってます。小さい頃から音楽に携わっていたんですね。小さい頃から歌うのが好きで、自宅でも壁に向かってザ・ピーナッツやシャーリー・バッシーの歌を歌って両親をあきれさせたようです。

想像するとかわいいですね。親心を考えるとこの子は歌ばかり歌って大丈夫かしら・・?といったところでしょうか(笑)

スポンサードリンク

八神純子さんの家族って?

1986年2月7日、2歳年上のイギリス人のジョン・スタンレーさんと国際結婚しています。ジョンさん、結婚するときは音楽プロデューサーだったのですが、現在は、なんと弁護士になっておられます。

ハワイで挙式をし、その年の秋に渡米し生活の拠点をロサンゼルスに移しています。その後は、カリフォルニア州シミバレーのウッドランチ在住し、1989年に長女のエマ・スタンリーちゃん、1993年に長男のノア・スタンリー君を出産しています。

長女のエマさんはやはり八神純子さんの血を引いていますね。将来は音楽の道に進みたいというエマさんの歌声は、親である純子さんにそっくりです。歌が上手かったので、純子さんは一緒にやってみる?と声をかけ、母娘の初めてのデュエット曲が「My universe」という曲なんだそうです。

純子さんが「どこを私が歌っていて、どこが彼女か。 聴いていただけたら面白いと思います」言われるほどそっくりなんですね。

ちなみに動画で歌ってるのは「My universe」ではないですよ、念のため。

フラワーフェスティバルで何を歌うのか?最新曲は?

「みすいろの雨」「パープルタウン」などの大ヒット曲で知られる八神純子さんですが、2017年の広島フラワーフェスティバルのステージで何を歌うのか、気になりますね。

最新のアルバムは2016年1月に発売された「There you are」

これは長い間歌手活動をお休みしてた八神純子さんの復帰をずっと待っていてくれたファンへの感謝の気持ちを込めたタイトルなんだそうです。(八神純子さんは2001年以降から10年ほど活動をお休みしていました)

だとしたら「There you are」も歌うかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

    • nagomi375 より:

      名前だけで安易に張ってしまいました。動画を削除いたしました。申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。