渡邉瑠のプロフィールや経歴は?スケートの成績や家族や兄弟も調査!【ミライモンスター】

こんにちは、ナゴミです。

2018年1月21日に放送される「ミライ☆モンスター」に男子スケートの渡邉瑠さん

出演します。

まもなく開催される平昌五輪への出場を目指して韓国に留学したんですね。

その最終選考に番組が密着しているようですね。

結果も気になりますが、渡邉瑠さんについてどんな選手なのか

詳しく調べてみようかと思います。

スポンサードリンク

渡邉瑠さんのプロフィールは?

出典:http://skatingjapan.or.jp/

名前:渡邉 瑠(わたなべ りゅう)

生年月日:1996年7月21日

出身地:東京都練馬区

血液型:AB型

学歴:立教大学

身長:174cm

趣味:スニーカー収集

渡邊選手が初めてスケートを始めたのは6歳の頃。

最初はアイススケートではなく、ローラースケートだったんです。

父親がローラースケートのクラブ活動に連れていってくれたのがきっかけだったんですね。

10歳の時にローラースケートのトレーニングの一環として

ショートトラックスピードスケートを始めています。

それからはスピードスケートとローラースケートの両方をされていたのですが

どちらも成績が伸びなくて思い悩んでいました。

ですが、中学校1年生の時にアイススケートのクラブチームを変えて

現在のコーチに出会って細かく指導してもらったら驚くほど速くなって

アイススケートのショートトラックが楽しいと思えるようになったんです。

そしてローラースケートをやめてアイススケートのショートトラックに専念

することにしたんですね。

渡邉瑠さんの今までの成績は?

渡邉瑠さんは高校一年生の時に初めて世界大会に出場しています。

そこから残してきた主な成績を一緒に見てみましょう。

2010-2011 全日本ノービスショートトラック選手権大会第1,2戦 全種目優勝

2011 アジアショートトラック選手権大会 ノービス1000m 2位

2011-2012 全日本ノービス&ジュニアカップ(第2戦) ジュニア 総合2位

2013 世界ジュニアショートトラック選手権大会 リレー 3位

2013 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合3位

2014 世界ジュニアショートトラック選手権大会 総合22位,1500m 12位,リレー 3位 日本新記録・日本ジュニア新記録

2014 全日本ショートトラック距離別選手権大会 500m 3位

2015 全日本ジュニアショートトラック選手権大会 総合3位

2015 全日本選抜ショートトラック選手権大会 総合3位,1000m 1位

2016 世界ジュニアショートトラック選手権大会 リレー 4位 日本新記録・日本ジュニア新記録

2016年に行われた世界ジュニアショートトラック選手権大会での記録更新は、

ご自身の記録を自身で更新しています。

日々の練習で実力派しっかりついてるのでしょうね。

ちなみに、2018年1月に長野県で行われた日本学生氷上競技選手権では

1000メートルで瑠さんが1分33秒861で優勝しています。

スポンサードリンク

渡邉瑠さんの家族や兄弟は?

渡邉瑠さんの家族は、父・母・妹がいる4人家族のようです。

妹さんもスピードスケートショートトラックの選手で、

名前は「渡邉 碧(わたなべ あおい)」さん。

1999年9月16日生まれの現在高校3年生ですね。

出典:http://www.fujitv.co.jp/index.html

結構似てますよね。目元とか。

兄弟仲は喧嘩も多いけど、仲はいいそうです。

普段からスケートの話をしたりしているようです。

同じ競技をしていると話すことが沢山ありそうです。

喧嘩の内容は「テレビのチャンネルの奪い合い」とか

可愛い普通の理由でした(笑)

父親は運転手兼撮影係をされてるようですね。

娘・息子がスケート選手なので、しっかりサポートされてる

父親なんでしょう。

渡邉瑠さんは家族が宝物というくらい家族は仲がいいんですね。

母についてはあまり記載がないのですが、遅い練習時間に合わせてご飯を作ってくれたり

して支えてもらっているとインタビューで答えてたので、

サポート体制は家族で万全なのでしょう。

まとめ

最後に気になるのが平昌五輪の最終選考がどうなったかなのですが、

総合で6位となり、残念ながら平昌五輪のメンバーではなれなかったんですね。

でもまだ2022年の北京オリンピックでメダルを獲得する夢があるんです。

夢に向かって努力する姿を見ると応援したくなるものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする