津久井萌(女子ラグビー)の高校や進学先は?実力や戦績も気になる!【ミライモンスター】

こんにちは、ナゴミです。

2018年2月18日に放送される

「ミライモンスター」

高校生ながら女子ラグビーの

日本代表選手に選抜される実力を

持つ選手が出演します。

津久井萌さんという女の子。

どんな選手か気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

津久井萌さんのプロフィールは?

出典:http://www.sankei.com/

名前:津久井 萌(つくい もえ)

生年月日:2000年3月28日

出身地:群馬県高崎市

身長:153cm

体重:53キロ

学歴:東京農業大学第二高校3年在学中

ポジション:SH(スクラムハーフ)

津久井萌さんがラグビーを始めたきっかけは

一歳年上のお兄さんだったんです。

5歳の時にラグビーユニオン競技を

始ています。

その後は高崎市にあるラグビースクールに

通い始めるんです。

でも、萌さんはラグビー一筋だったと

いう訳ではなくて、中学生の時は

陸上部に入部して主に800m走を

担当していたんです。

中学校は「高崎市立第一中」でした。

ラグビーも試合中は全力疾走で持久力が

いる競技ですよね。

萌さんの持久力はここでも

鍛えられたのでしょうか。

萌さんは東京農業大学第二高校

生徒ですが、高校に「東京」という名前は

ついてますが、高校自体は群馬県に

あるんですね。

ここでは男子に交じってラグビーをプレーを

しています。

やはり女子の人口はまだ少ないのでしょうね。

2016年春にはニュージーランドに

ラグビー留学もされてSHとしての

実力を磨いて帰ってきました。

スポンサードリンク

女子ラグビーワールドカップ2017ベスト15

出典:https://www.jsports.co.jp/

萌さんは2017年8月にアイルランドで行われた

女子ラグビーワールドカップで日本人で

ただ一人「ベスト15」に選ばれました。

チームとしての成績は12チーム中11位と少し

残念なこともあったのですが、

5試合全部にSHとして出場し、大会に出場した

全選手の中でも一番小柄だった

津久井萌さん。

しかも、「ベスト15」の内訳が

優勝チームのニュージーランドから6名

準優勝イングランドから3名

3位のフランスから2名

4位のアメリカから2名

5位のカナダから1名

日本は11位だったのに選ばれた萌さんが

いかに凄いことかがわかります。

萌さんのSHとしての実力は、憧れの

選手でもある、男子日本代表の

SH田中史朗さんを思い出させるほど

俊敏で、本場のニュージーランドで

磨いた実力を存分に発揮していたのでしょう。

出典:https://panasonic.co.jp/sports/rugby/

SHはタックルなどはしない代わりに

機敏な動きやパスの正確性や

周りを見て判断する力がいるポジション

ですよね。

パワーよりテクニック、戦術がより

必要になるので頭がいいんだなぁって

思います。

「ベスト15」はポジション別最優秀賞と

言ってもいい賞です。

その「ベスト15」でSHとして入賞した

津久井萌さんが頼もしいです。

スポンサードリンク

津久井萌さんの進学先は?

現在高校3年生という萌さんですが

流石に進路は決まっていることと

思います。

気になるのが進路ですよね。

現在通っている東京農業大学第二高校

なので、もしかしたら関連のある

東京農業大学に進学する可能性もあります。

ミライモンスターで進路についても

触れるかもしれません。

まとめ

萌さんはもう既に次の大会に向けて

日々体やテクニックを磨いてそうです。

萌さんはよく笑い、よく食べる可愛い

キャラなんですね。

ミライモンスターの密着で萌さんの

ことが少し分るでしょうか。

次のワールドカップは2021年です。

萌さんはまだ大学生かな?

どんな選手になって活躍してくれるのか

楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする