トム・ホランドの素顔や彼女が気になる!スパイダーマン以外に出演した作品は?

こんにちは、ナゴミです。

スパイダーマンに憧れていた少年が本当にスパイダーマンになってしまった・・のはトム・ホランドさん。

2017年8月11日に公開される映画「スパイダーマン:ホームカミング」の主人公を演じています。

8月7日に東京・新宿の歌舞伎町シネシティ広場でイベントがあり、監督のジョン・ワッツ氏と出席したそうです。

今、日本に来てたんですね。生で見れた人羨ましいなぁ。

トム・ホランドさん、かっこいいというか可愛いっていうほうがいいかも(笑)

どんな俳優さんなのか調べてみました。

スポンサードリンク

トム・ホランドのプロフィール

出典:https://matome.naver.jp/

本名:トム・ホランド(Thomas Stanley Holland)

生年月日:1996年6月1日

出身国:イギリス

身長:173cm

コメディアンで作家の父と写真家の母の間に生まれたトムホ。

4人兄弟の長男で下に双子の弟・さらに下の弟が一人いました。全員男の子なんですね。

双子の弟もどちらも俳優さんです。

トムホは最初、俳優になろうと思っていたわけではなかったんですね。ロンドンのダンススクールに通い10歳の時に才能が見いだされてミュージカル「ビリー・エリオット」のオーディションを受けました。

舞台デビューはビリーの親友役マイケルだったのですが、その3ケ月後には主人公ビリーの役を任されたんです。

この「ビリー・エリオット」で様々なダンスの訓練をみっちりと受けたんです。それがスパイダーマンのアクションにもつながってるんですね。

トムホは高校の時はラグビー部で完全な体育会系です。筋肉もかなりついてそう。

スパイダーマンはほとんどのアクションをスタントマンの任せず、トムホ自身が演じてるそうです。あのスパイダーマンスーツの下もトムホだと分かると映画を見てるときも得な気分になれそうです。

トム・ホランドの彼女は?

出典:http://eiga.com/

スパイダーマンに出演する俳優は共演者とカップルになる噂があるみたいですね。

今回スパイダーマンで共演したゼンデイヤと噂になっています。

ゼンデイヤはアメリカの女優・歌手・ダンサーで、「スパイダーマン:ホームカミング」では女子高生・ミシェル役で出演しています。

ゼンデイヤは身長が180cmあってトムホより高いですね。ここまで高いともうかっこいいとしか・・。

二人は映画の撮影中に急接近したようで、休暇も一緒に過ごす仲ですが、お互いをとても仲の良い親友と言っています。

日本人がいうのとニュアンスが違うんでしょうか?

仲の良さの種類はやっぱり恋人としてでしょうね。

スパイダーマンの過去に主役を演じていたビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドも共演者と恋人になってるからジンクスなのかな?って思ってしまいます(笑)

ちなみにビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールド共々後に破局してるみたい。

今回は良い関係が続くといいですね。

スポンサードリンク

トム・ホランドが過去に出演した作品は?

トムホのデビュー作は、声優だったんですけど、なんと日本のスタジオジブリ作品なんです。

14歳の時に「借りぐらしのアリエッティ」のイギリス版で、翔の声を担当したんです。日本では神木隆之介君が担当でしたよね。

その後は2012年映画「インポッシブル」で長男役・ルーカス役を演じ、2013年「私は生きていける」でアイザック役を演じています。

2014年に「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」では声だけの出演でしたが、この作品は実際に出演する人物は一人で、車に乗った主人公と他の方が電話で会話のやりとりをする変わった映画なんです。トムホも声だけで主人公の息子の声を担当しています。

2015年「白鯨との闘い」でトーマスを演じるなど毎年映画に出演してます。

そして2016年に 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でマーベルシリーズのスーパーヒーロー映画でスパイダーマンデビューしたんですね。この時は主役ではなかったですけど今回は単独の主役映画。

そして、2018年にはまたスパイダーマンとしてアベンジャーズの一員として映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の出演が決まっています。

まとめ

トム・ホランドは俳優で終わりではなく、将来は映画監督になりたいと思っているそうなんです。今まで出演した作品の監督の違いなどもちゃんと出演スタイルを勉強してるみたいです。

しかも短編映画もすでに自分で撮っているらしいです。将来秘蔵映画で出てくる日があればいいですね。

今はスパイダーマンとしての仕事が忙しいから俳優に集中ですね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする