「ちいさなおはぎ屋」(広島市)の場所や営業時間は?実際に食べて一番のお気に入りは?【人生の楽園】

こんにちは、ナゴミです。

2017年7月29日に放送される「人生の楽園」で色んな創作おはぎを作って夫婦で切り盛りしている「ちいさなおはぎ屋」が取り上げられます。

うれしいことに、私も足を運んだことがあるおはぎ屋さんなんです。

おはぎ大好き!

人生の楽園で放送されて今よりももっと活気が出るかもしれないです。

そんな大好きな「ちいさなおはぎ屋」の場所や営業時間や私のおススメのおはぎをお伝えします。

スポンサードリンク

「ちいさなおはぎ屋」の仲良しご夫婦は?

出典:https://ameblo.jp/tiisana-ohagiya/

小さなおはぎ屋を営んでいるのは中村明さん(57歳)と妻・愛子さん(48歳)です。

広島県出身の明さんは、大阪で営業マンとして働いていたのですが、そこで愛子さんと結婚してご両親と一緒に暮らすために広島に戻ってきました。

50歳を過ぎた頃「70代80代になっても夫婦でやっていけることはないか」と考え夫婦で話し合い、「地域に愛されるおはぎ屋さんのおじいちゃん、おばあちゃんになりたい」と目標を定めたようです。

夫婦でっていうところが素敵ですよね。

明さんは55歳で会社を早期退職して、美容室として使われていた民家の一階部分を借りて2015年11月に「ちいさなおはぎ屋」をオープンさせました。

場所や営業時間は?

住所:広島県佐伯区五日市中央3丁目2-24

営業時間:10:30~18:00

定休日:不定休

電話:082-577-9355

駐車場:2台

売り切れで早めに終了することもあるそうです。

電話でご予約も出来るようです。

定休日は月・火がお休みであることが多い気がしますが、イベントがあったり変わることも多いみたいです。お店のブログなどで告知してるようです。

スポンサードリンク

気になるメニューは?

ちいさなおはぎ屋さんは結構変わり種のおはぎが色々あって、どれを食べようかとっても悩みます。

  • あんこ    100円
  • きなこ    100円
  • 青きなこ   100円
  • 黒ゴマ    100円
  • 白ゴマ    100円
  • さくら    110円
  • コーヒー   110円
  • 栗      120円
  • ずんだ    110円
  • 玉露     120円
  • レモン    120円
  • お赤飯(餡入り)120円
  • お赤飯(餡なし)100円

出典:https://ameblo.jp/tiisana-ohagiya/

季節によって、メニューがちょっとずつ変わるそうです。

パイナップルおはぎや塩おはぎなど、HPにないものもあって、お客さんを飽きさせない新作を続々と出してるようですね。

冷やしぜんざい、あべかわ餅もあって全体的に見た目も彩り画綺麗で選んでて楽しいですよね。

私の勝手なおススメは?

こんなにあるから全部は食べれてないのですが、基本のおはぎは餡子の甘さが控えめでむつこくない味です。

ゴマは白も黒も香ばしくてたまらないし、きなこは王道で安定なおいしさ!基本のおはぎにハズレなし!!

季節&変わり種のメニューだと、私はレモンとコーヒーとずんだがお気に入りです。

実はコーヒーおはぎは最初「え~!」って思ったんです(汗)

右の画像はコーヒーおはぎを割ったところです。一番上にコーヒー味のチョコが一個乗ってるんです。

中はもち米が入っていて上には餡子、表面はコーヒーの味がしたのでコーヒーの何かが塗ってあるのかな?ほろ苦だけど、中の餡子がうまい具合に調和してくれるので意外に合うんです。

ずんだ(枝豆)おはぎも絶品!ずんだが程よく甘くて大好きです。

仙台じゃなくてもこんなに身近でずんだが食べれるなんて嬉しい!

レモンは広島産のレモンがおはぎの上に乗っていて、見た目も爽やか!

味は・・レモンの酸味が中に入ってる餡子と合います。あ、でも酸っぱくはないんです。

餡子って割となんでも合うんじゃ・・と思わせてるれる変わり種&季節のおはぎです。

そして、私の一番好きなおはぎは・・・う~ん、コーヒーです!!

スポンサードリンク

店内での他の楽しみ方

ちいさなおはぎ屋さんって、おはぎも勿論ですが、店内のインテリアが凄く素敵です。

昭和レトロな雑貨がちょこちょこと飾って合ってみて楽しいです。

出典:https://ameblo.jp/tiisana-ohagiya/

店内にテレビも置いてあるのですが、昭和な感じのチャンネルを回せるテレビにように飾ってあるんです。

中はどうなってるんだろう?インテリアもまじまじと見てしまいます。

まとめ

店内に入るときこちらがもたついていると、奥さんの愛子さんが飛んできてドアを開けに来てくれる優しい方です。

そしてとても気さくに話しかけてくれるご夫婦で、買い物の間も楽しく話しかけてくれます。

こういう小さなお店でも地域に愛されるお店として、これからも仲良く美味しいおはぎを作っていってほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする