高橋素晴の現在の生活の拠点はどこ?家族はいるの?プロフィールを調査!

こんにちは、ナゴミです。

2017年7月20日に放送される「衝撃のアノ人に会ってみた!」という番組で、今から21年前の中学生の時に太平洋を一人で横断したという凄い経験をしている方が出演されるようです。

名前は「高橋素晴」さんといいます。

中学生で一人で太平洋を横断・・考えるだけで私は身が縮こまりそうです。

どんな方でどんな人生を歩んでるのか気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

高橋素晴さんのプロフィール

出典:http://airinkan.org/16takahashisubaru.html

本名:高橋 素晴(たかはし すばる)

生年月日:2017年現在35歳位

出身地:新潟県白根市

高橋素晴さんは14歳で太平洋単独横断に成功しています。これは最年少記録なんだそうです。

記録も凄いですが、やはり大人でもなかなか単独で太平洋を横断するというのは難しいんじゃないかと思うことを若干14歳にして成功させたことですよね。

困難なことが次々と起こったでしょうね。

小学校6年生の時は、自転車で新潟の佐渡を一周したほど冒険心が旺盛なんですね。

高橋さんの母親は太平洋横断の時よりも、自転車で新潟一周の時の方が心配だったと語ったようですね。

どちらも親目線で見ると心配すぎて寝られません!!!ほんと無事でよかった・・。

太平洋横断に興味を持った経緯を調べると、5歳でカヌーに親しみ、9歳で佐渡海峡の横断に成功し、10歳でヨットに出会っています。

そして1995年に白石鉱次郎さんという(ヨットでの単独無寄港世界一周最年少記録保持者)方の影響を受けてこのチャレンジを思い立ったんだそうです。

今はどこにいるの?

今は本業としては26歳の時に「天然塩釜元・黒潮農場」という塩を作る会社を起業しました。何故塩?と思ったら

人は自然の摂理からかけ離れては生きていけない、海と山と里と生きていきたい、その想いから塩をつくっています

確かに、料理でも人間の体にも大切なものの一つが「塩」ですね。

住まいは綺麗な海水を求めて鹿児島県大隅半島に移住したようですが、現在は鹿児島県の南大隅町に移ってるようです。

この町で塩づくりや大工のかたわら「自然と暮らしをつなぐ」をキーワードとしたワークショップを開催しています。

無人島合宿、火起こし、魚の捌き方、鶏を〆ていただく、スタードーム、ストーブやカマドなど燃焼系道具、DIY建築・廃材建築、ヨット・クルージング等・・種類多いですね!

自然児って感じで素敵です。

スポンサードリンク

家族はいるの?

高橋素晴さんは結婚してるのかお子さんがいらっしゃるか疑問ですね。お子さんが二人かな?

あまり情報は多くはないのですが、男の子と女の子かな?

名前は一般の方なのでここには書きませんが、男の子のようなお名前が一度出てました。

2011年の時点で小学生男子と保育園児の女子のようだったので、現在は大体中学生とか小学校高学年とかかな?。

ただ、結婚に関しては現在は離婚しているようです。

理由はわかりかねますが、Facebookには「離婚」とありました。

ここまでの人生のダイナミックさをみると何でも乗り越えてしまいそうな高橋さんですね。

追記:テレビを見て判明したのですが、再婚をされていました。

現在は奥様と一歳の娘さんと暮らしているようです。

幸せそうでなによりですね。

まとめ

高橋さんのことを知ればしるほど書ききれないのですが、自然が大好きで、人が大好きなんだなと感じます。

エコ活動にも取り組んでて言葉だけではなく、ちゃんと行動で周りに示している方でした。

人間力っていったらへんかもしれませんが、力強く現代を生きてる高橋さん、今後はどんな活動をしていくのかちょっと気になる私でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする