副島和樹の経歴や出演作品は?極貧生活をおくるオタク?【アウトデラックス】

こんにちは、ナゴミです。

2018年3月15日に放送される

「アウトデラックス」

俳優の副島和樹さんが出演されます。

4か国語を話す帰国子女だそうなのですが

一体何が「アウト」で出演するのでしょうか?

副島和樹さんがどのような人物

なのか、気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

副島和樹さんのプロフィールは?

出典:https://twitter.com/kazukisoe 

名前:副島 和樹(そえじま かずき)

生年月日:1993年11月23

出身地:三重県

血液型:A型

身長・体重:167cm・51キロ

学歴:九州大学文学部

趣味:アニメ・漫画・コスプレ・カードゲーム

動物の雑学・民話研究

特技:英会話・異文化交流

副島さんは沢山の俳優を生み出した

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで

2016年に出演し、審査員特別賞を受賞して

注目されました。

他にも過去に

2014年は「ミスター九大コンテスト2014」

でグランプリ

2015年は「全国ミスターキャンパスコンテスト」

で審査員特別賞

をそれぞれ受賞しているので、

イケメンだということは分かりますね。

副島さんは小さい頃は海外生活が

長かったので、日本の文化を学ぶために

九州大へ入学されたようです。

スポンサードリンク

副島和樹さんは帰国子女でオタク?

副島さんは父親の仕事の関係で

小学生時代はインド(2000~2003)

中学時代はマレーシア(2005~2009)

高校時代はチェコ(2011~2013)

に住んでたんです。

なので言語は日本語・英語以外

挨拶程度にヒンディー語、マレー語、チェコ語

が話せるようです。

単身赴任ではなくて、しっかり家族で

転勤についていってるのが素晴らしいなと

感じます。

お母さんも色々苦労したでしょうね。

この3カ国、全部言葉が違うので

転勤の旅にコミュニケーションをとるのに

苦労したみたいです。

そんな時に役に立ったのが

日本の文化・アニメや漫画だったそうです。

言葉が話せなくてもイラストを書いたり

やカードゲームなどで遊んだりして

コミュニケーションをとっていたそうです。

そんな副島さんは大の遊戯王好きで

かれこれ15年は遊び続けている

筋金入りファンみたいですね。

出典:https://twitter.com/kazukisoe

驚いたのが、インドでも遊戯王カードが

手に入るってことと、インドの子供にも

遊ばれてるということです。

副島さんは、言葉は一つのコミュニケーションの

方法だけど、アニメやゲームの楽しさは

世界共通だと体験を通して実感されてました。

そして、現在はアニメや漫画・コスプレが大好きな

「オタク」ということを公言しています。

出典:https://twitter.com/kazukisoe

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでも

自身をスーパーヒーローソエジマンとして

コスプレして会場の度肝を抜いたようです(笑)

必殺技は「ハンサムライオンソード」

副島さんの世界観を表現してるなぁと

感じることが出来ます。

スポンサードリンク

副島和樹さんが出演してる作品は?

役者人生まだまだこれからの副島さん

今までどんな作品に出演されてたのでしょう。

今のところ舞台に主に出演していた

ようですね。

2015年12月「人狼ゲームTLPT クリスマスSP」

2016年10月「アルティメット人狼7」

2017年10月「蒼い季節」

2017年11月「LOVE&CHICK ~カジノは×ロワイアル」

2018年2月「チエコ」

テレビではテレビ東京系で

「特捜警察ジャンポリス」 遊戯王新企画”デュエルキングへの道”

にレギュラー出演されています。

さすが遊戯王大好きっ子ですね。

そして、2018年の夏公開予定の

「40万分の1」

では、映画初出演にして初主演で出演するようです。

就活生の青春を描く映画のようですね。

まとめ

今後に期待の俳優・副島和樹さんが

アウトデラックスでは超極貧の貧乏生活で

冷蔵庫もエアコンもない生活に密着されるようで

驚きです。

どんな生活を送っているのか興味がわきます。

今後も是非頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする