瀬尾まなほの経歴や過去は?瀬戸内寂聴の秘書になったきっかけや出版した本は?

3月13日のセブンルール

瀬尾まなほさんが出演されます。

みなさんは瀬尾まなほさんを

ご存知でしょうか?

瀬尾さんはあの瀬戸内寂聴さん

秘書でいらっしゃいまして、

本も出版されています。

瀬戸内寂聴さんの秘書?

正直何者かよくわかりませんよね・・

そこで瀬尾さんはどういう人物なのか

仕事の内容、瀬戸内寂聴さんとの

繋がりについて調べてみました。

スポンサードリンク

瀬尾まなほさんのプロフィールと経歴

出典:http://www.yomiuri.co.jp

名前:瀬尾 まなほ

生年月日:1988年2月22日

出身:兵庫県神戸市東灘区

出身校:京都外国語大学(英米語学専攻)

職業:秘書

瀬尾まなほさんは中学時代に

いじめにあったそうなのですが

瀬尾さんの転機となったのは

同じく中学時代に行った一週間の

アメリカへの交換留学だったそうです。

交換留学でアメリカ文化を

目の当たりにしたのをきっかけに

そこから英語を猛勉強、高校では

カナダに留学する程に。

高校卒業後は京都外国語大学に進学。

やりたいことを探すために1年間休学し

2011年に大学を卒業しています。

私は大学でそんな過ごし方を

したことがなかったので、

少し羨ましい大学生活だなと思います。

大学卒業後は瀬戸内寂聴さんの

秘書となります。

スポンサードリンク

瀬戸内寂聴さんの秘書になったきっかけとは?

気になるのは瀬戸内寂聴さんの

秘書になるきっかけですよね!

調べてみると学生時代に

アルバイトをしていた友人から

瀬戸内寂聴さんの秘書の件を

紹介され秘書になったようです。

初めてあったお互いの印象は

共に可愛い人だったそうです!

ですが瀬尾さんは瀬戸内寂聴さんのことを

ちょっと変わっている人だとも

感じていたと言います。

というのも瀬戸内寂聴さんのもとで

働きたい人は、瀬戸内寂聴さんの

小説などのファンが多いのに、

瀬尾さん自身は瀬戸内寂聴さんが

作家であることさえ知らなかったから。

しかしそれが秘書として採用する

決め手となったのだとか!

瀬戸内寂聴さん曰く、

文学少女は料理も掃除も苦手で

秘書としては一番ダメなのだとか。

秘書になった当時、

文学少女からほど遠かった

瀬尾まなほさんですが、

じつは秘書になってから本を出版しています。

瀬尾まなほさんが出版した本は?

出版した本のタイトルは

「おちゃめに100歳!寂聴さん」。

2017年11月に瀬尾まなほさんが

初めて出版した本で

瀬尾さんが感じた瀬戸内寂聴さんの

おちゃめな素顔を綴ったエッセイ本です。

瀬戸内寂聴さんはニンジンが嫌いで

すぐ残そうとするそうで、

瀬尾さんがニンジンを

お味噌汁やサラダに入れても

上手によけてしまうそうです。

こんな一面、普段私たちには

想像できないですよね。

こんなお茶目な一面があるなんて

意外で、なんかほっこりします。

スポンサードリンク

瀬尾まなほさんが理事を務める若草プロジェクトとは

悩みや問題を抱えた少女・若い女性のために

全国の現場で個々に活動する支援者をつなげ

顔が見えるネットワークを作り、

少女や若い女性たちに寄り添いながら、

あらゆるSOSを受け止められる相談窓口を

設置・運営し、彼女たちの必要としている

支援につなげる役割を担っているそうです。

人に話す、相談するのは

もの凄い勇気が入ります。

もしかしたら誰も信用できない人も

いるかも知れません。

全国でそんな女性は少なからずいるはずです。

このプロジェクトの存在があることだけでも

知ってほしいですね。

まとめ

瀬尾まなほさんについて調べてみました。

あの瀬戸内寂聴さんと繋がり、

それ以来ずっとそばにいる瀬尾さん。

お世話だけでなく、執筆活動

若草プロジェクトの理事と

活躍されている瀬尾さんですが、

もともといじめられっ子でした。

口癖も「私なんか」だったそうですが

瀬尾さんに自信を与えたのは

瀬戸内寂聴さんでした。

瀬尾まなほさんにとって

瀬戸内寂聴さんは

人生を変えた存在であり

同時に守りたい存在なのかもしれませんね。

お二人のような関係

なかなか築けるものではありませんが

そう思える人がいるのは

素敵なことだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする