猿田和三の現在やwikiプロフは?経歴や過去の野球の成績は?【消えた天才】

みなさんこんにちは。

2018年9月30日に放送される

「消えた天才 ~一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP~」

で、長嶋一茂さんが絶対に勝てなかった天才打者が

いるとのことでどんな方なのか気になったので

調べてみました。

その天才打者の名前は

猿田和三さんです。

経歴や、過去の野球に関することなど

気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

猿田和三さんのプロフィールは?

出典:https://sankeibu.exblog.jp/

名前:猿田 和三(さるた かずみ)

生年月日:昭和38年生まれ

出身地:秋田県秋田市

猿田さんは三兄弟の末っ子で物心ついたころから

お兄さんと一緒に野球をして遊んでいた環境でした。

小学校・中学校時代は4番でエースという

ポジションだったんですって。

でもころはなかなか試合には勝てなかったみたいです。

転機は、小学校高学年の時で、

一番上のお兄さんが、秋田高校で甲子園大会の出場を

決めた試合を観戦したことで強烈な感動を

覚えたそうです。

この出来事が

「高校に進学して甲子園に行きたい」

と野球をやるうえでの目標になったんです。

高校は秋田高校に進学したのですが

そこでの練習は後に猿田さんが「野球学校だった」

と語るほど過酷なものだったそうです。

毎日家に帰ったら時計の時刻は夜の10時を

回っていたそうです。

でも、何事も中途半端にやりたくなかったという

猿田さんなので野球に打ち込んでいたんですね。

なので結果二浪しつつも慶應義塾大学に進学したんです。

スポンサードリンク

猿田和三さんの野球の成績は?

猿田さんは慶應義塾大学野球部では2年生からベンチ入り

3年生からレギュラーだったのですがその時に

持病の椎間板ヘルニアが悪化し心が折れかけたそうです。

それでも治療と並行して肉体改造に取り組んで

記憶にもないほど練習に取り組んだ努力家です。

結果、1986年東京六大学秋季リーグでは首位打者

ベストナインに選ばれたんです。

1987年には東京六大学春季リーグで優勝

再度ベストナインに選ばれます。

全日本大学野球選手権大会も優勝

日米大学野球では主将を務めチームをまとめました。

その当時の日米大学野球のメンバーがかなりの

豪華メンバーでした。

メンバーの中には後にプロ野球選手として

活躍した選手が沢山です!主には・・

  • 野村謙二郎(駒大)広島
  • 古田敦也(立命大)ヤクルト
  • 長島一茂(立大)ヤクルト・巨人
  • 渡辺正和(筑波大)ダイエー
  • 武田一浩(明大)日ハム
  • 矢作公一(立大)日ハム
  • 大豊泰昭(名商大)中日
  • 大塚孝ニ(東福大)西武
  • 鈴木 哲(慶大)西武
  • 大森 剛(慶大)巨人

後にプロ野球選手になる選手が沢山いる

チームの主将だったってことなので

実力や信頼はあったのでしょうね。

実際に当時、アメリカと4試合していて

3試合負けてるんです。

最後の一試合、5-4とリードされた9回に

猿田さんの逆転サヨナラ本塁打で勝利を

収めることが出来たんですね。

日本人選手でホームランを打ったのは

猿田さんだけだったんです。

長嶋一茂さんも記憶に鮮明に

残っていたんですよね。

スポンサードリンク

猿田和三の現在は?

猿田さんは大学卒業後はプロ野球には

進まず、就職しています。

理由は明らかになってないのですが、

番組で分かりましたら追記していきます。

猿田さんは現在、故郷の秋田県で働いています。

秋田県庁県財政課で秋田県を元気にするために

日々頑張っているようです。

秋田県と言えば記憶にも新しいですが

2018年の甲子園は秋田県の金足農業の快進撃

が凄かったですよね。

猿田さんも嬉しかったでしょうね。

他県民でもこういう快進撃は見てて爽快です。

猿田さんは野球を経験したことで

仕事に生かされていることは

「前向きにいく」ということだそうです。

人生いい時も悪い時も、人間関係も

肯定的にとらえて行くことで、流れを自分に

呼び込むこと、そんな人生の土台を

野球で学んだと語っています。

カッコイイです。

猿田さんは

「楽しては勝てず、楽しまなくても勝てず」

と言葉を残しています。

猿田さんの野球人生なのでしょうけど

どんな場面でもハマるいい言葉ですね。

スポンサードリンク

まとめ

猿田さんがプロ野球に入っていたら・・と

どうしようもないことを考えたりも

するのですが、

厳しい練習に耐えてきたからこそ

今の仕事に活かされてることも

あるんだろうなって思います。

表に出てこないだけでまだまだ

凄い選手は沢山いるのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする