阪本奨悟が一度引退した過去で経験した苦労とは?家族や性格など・・【スカッとジャパン】

こんにちは、ナゴミです。

2017年5月29日に放送される「痛快TVスカッとジャパン」でシンガーソングライターで俳優の阪本奨悟さんがショートドラマで初出演されます。

阪本奨悟さんといえば、5月31日に(水)リリースのデビュー両A面シングル「鼻声/しょっぱい涙」でメジャーデビューすることで話題にもなっています。

役者だけど、アーティストとしても活躍の場を広げている阪本奨悟さんとは一体どんな方なのか気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

阪本奨悟さんのプロフィール

出典:http://actordictionary.seesaa.net/

本名:阪本 奨悟(さかもと しょうご)

生年月日:1993年6月13日

出身地:兵庫県西宮市

血液型:O型

身長:170cm

趣味:映画鑑賞・ギター

特技:サッカー

好きな食べ物はラーメン・オムライス

座右の銘は「地道」

阪本さんは父・母・姉・兄の5人家族です。

奨悟さんのお名前に「悟」の字が入ってるのですが母が孫悟空が大好きで、悟空のようにたくましく育ってほしいという願いが込められているようです。

「奨」の字は、お兄さんにも使っている漢字で兄弟仲良くという意味で使ったのだそう。

絆ですね、お母さんのいう悟空ってドラゴンボールのかな?西遊記のかな?ドラゴンボールであったら嬉しい(笑)

俳優になったキッカケは元々ドラマや映画が好きで、演じる側になってみたいこ思って応募したんだそう。詳しい詳細はわかりませんがオーディションなのかな?

俳優になる前にファッションモデルもしていたようです。モデル時代の画像が見つからなかったのですが、今でも十分イケメンだから変わらない安定のかっこよさでしょうね。

阪本奨悟さんの性格?

阪本さん、ブログを読んだりしていると、活発で明るい性格のようですね。

一度天狗になったりするあたりお調子者の印象も受けますけど、ちゃんと自分と向き合って苦しい時代を乗り越えたあたり、思いは人一倍強いのかな?とおもってしまいます。

ブログでたまに愛犬ぱんくちゃんを可愛がってることを見たら可愛くて(笑)

男の人に可愛いは失礼ですね、ごめんなさい。

スポンサードリンク

阪本奨悟さんが一度引退した訳

阪本さんは俳優時代、テレビドラマにも出演していたのですがミュージカル「テニスの王子様」主演の越前リョーマ役などで出演したりして人気を得ていました。

役者としての将来を期待されていたのですが、音楽への強い思いがあって、シンガーソングライターになるために一度引退しているんです。

キッカケとなったのが、「テニスの王子様」の舞台で沢山歌を歌わせてもらったことでその魅力に引き込まれて抜け出せないほど夢中になっていったんですって。

それで、当時は音楽がやりたくて仕方なかったと・・、そして衝動的に役者を辞めて音楽に専念する道を選んだそうです。

引退後にした苦労とは?

阪本さん曰く、当時の心境として

本当に天狗(てんぐ)になっていたんだと思います。役者としての知名度も上がっていた頃でもあって。完全に慢心状態だったんですよね。

と反省してました。

ミュージカルやステージでは、お客さんは阪本さんのことを知ってるけど、路上ライブとなればそうはいかないですものね。誰も気にかけてくれないことにショックを受けたようで、いかに周りのスタッフさん、お客さんに支えられてきたかを痛感し、後悔したんだそうです。

役者だった時代に戻りたい・・とまで思い詰めて苦しい時間を過ごしたそうです。

この経験があって良かったって私は思ってしまいました。今後、芸能界で生きていくためには必要な経験ですよね。

それまでつまづくことなく、モデル・俳優とこなしてきた阪本奨悟さんは、この挫折があるから一皮むけた謙虚な俳優さんになるんじゃないかと思います。

まとめ

5月31日に発売されるシングル「鼻声/しょっぱい涙」阪本さんのむき出しの感情を綴っていて自分自身の弱い部分を包み隠さずさらけ出した赤裸々な歌詞だそう。

テーマは「今までで一番かっこ悪い阪本奨悟」です。

かっこつけないありのままの気持ちを歌詞に出来るって素敵ですよね。聴き手からしたらこういう歌詞のほうが共感します。

このシングルの「しょっぱい涙」は、TVアニメ『王室教師ハイネ』オープニングテーマになってるそうですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする