小澤俊文の経歴や年収は?家族やお店の場所も気になる!コロンバン再建物語とは何?【カンブリア宮殿】

こんにちは。

皆さんは小澤俊文さんをご存知でしょうか?

2018年1月25日に放送される「カンブリア宮殿」

出演されます。

小澤さんは老舗洋菓子店を1代で再建させた凄い社長さんでなんです!

そんな凄い社長さんである小澤社長について書かせていただきます。

そしてそんな小澤社長の生き方は、きっとあなたにも響くはずです!

これをみて仕事に対する取り組み方が変わるかも?

<目次>

  1. 小澤俊文の経歴は?
  2. 小澤俊文の家族・年収は?
  3. コロンバンのお店の場所やメニューをご紹介
  4. まとめ

スポンサードリンク

小澤俊文のプロフィールや経歴は?

出典:http://www.colombin.co.jp/

名前:小澤 俊文(おざわ としふみ)

生年月日:1953年

出身地:神奈川県

学歴:法政大学法学部卒業

法政大学法学部卒業という経歴を見れば学歴も素晴らしいものだと

わかりますね。

高校時代は3年間生徒会に参加していたそうで、

なんと体育祭などの行事の企画のために夜遅くまで働いていたそうです。

このエピソードだけでも成功する方だなと思ってしまいますよね!

自分の学生時代と比べたら・・・と話がそれてしまいましたが

そして株式会社コロンバンに就職かと思いきや、

実はもともと銀行員だったそうです。

コロンバン再建物語とは?

コロンバンに入社するきっかけは再建の目的で銀行からの出向で

来たことがきっかけだったそうです。

小澤社長曰く、初めて会社に訪れた時はびっくりしたそうです。

もともとコロンバンは宮内庁御用達という由緒正しい老舗洋菓子店でした。

創業者が亡くなってから金融関係の方が経営を行っていたそうです。

その状態が続き、売り上げが大幅に減っていたのです。

当初小澤社長自身も、再建は非常に難しいと思ったそうですが

できていないところを書きあげていき、当時の体勢でできることを考え

実行していきました。

当時商品は4種類しかなかったため、新しい商品を作りました。

そして出来上がったのが看板メニュー「原宿ロール」でした。

出典:https://www.colombin.co.jp

そのほかにも大学の校章が入ったクッキー入りの缶、「大学缶」など、今では多くの商品が店舗に並びます。

出典:http://www.colombin.co.jp

学生時代のエピソードからもわかるように、小澤社長は今何をしなければいけないのかを考え、整理し、そして最後まで諦めることなく実行し、見事お店、会社を再建させました。

これは会社を持っている社長さんだけでなく、サラリーマンの方、学生の方、全員に得るものが大きいお話だと思います。

当たり前といいば当たり前かもしれません。しかし、自分に何が足りていないのか、何が必要なのかを客観的に捉え、目標に向かって行動していく。

そして最後まで諦めない。以外にできていないですよね。

私も記事を書きながら考えさせられました。

スポンサードリンク

小澤俊文の家族・年収は?

気になるテーマですが、実際公表されていないものなので、

はっきりしたことはわかりません。

ただ、このような立派な方ですから、女性からすれば

こんな方が旦那様だと嬉しいですよね♪

コロンバンのお店の場所やメニューをご紹介

コロンバンは原宿に本店を構え、東京を中心に展開されています。

大阪や名古屋にも店舗を構えてるんです。

出典:http://www.colombin.co.jp

さらには千葉や愛知に岐阜、大阪にも店舗がありますので、気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

詳細はホームページをチェック!

http://www.colombin.co.jp

店舗情報

まとめ

小澤俊文さんをご紹介しました!

宮内庁御用達という銘菓だからこそ、冒険が出来ない、踏み込めなかったことが原因で陥ってしまった業績悪化。

そんな銘菓を立て直し、多くの人に愛されるお店、会社に成長させた小澤社長。

それは小澤社長の決して諦めない性格、そして銀行員時代に培った経験が、この逆転劇に繋がったのだと思います。

そんな小澤社長のお話が聞けるチャンス!

1月25日木曜日放送のテレビ東京系列「カンブリア宮殿」にて小澤社長が出演されます!

テレビ東京のホームページにて見逃し配信もございますので、見逃した方はそちらでチェック!

テレビ東京のホームページ:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

小澤社長のお話、必見ですよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする