大原洋人(サーフィン)の衝撃日焼け画像!使用サーフボードやスポンサーは?

こんにちは、ナゴミです。

2017年11月26日に放送される「アスリートの魂」で、サーファーの大原洋人さんが取り上げられます。

東京オリンピックでサーフィンが初めて競技に入ったので、テレビでも実力のあるサーファーの方たちがよく出演されているのをみます。

私も家族が趣味でサーフィンをしてるので、つい見て報告してしまいます。

今回は大原洋人さんについて、プロフィールや、ボードの事など、気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

大原洋人さんのプロフィール

出典:http://www.us-lighthouse.com/

名前:大原 洋人(おおはら ひろと)

生年月日:1996年11月14日

血液型:A型

出身地:千葉県長生郡一宮町

身長:162cm

体重:62キロ

学歴:明聖高等学校通信コース卒業

大原洋人さんは8歳からサーフィンを始めています。

きっかけは父親。

父親もサーファーだったんですね。

なので、サーファーの町で生まれ育ったのでしょうか。

環境が抜群ですね。

洋人さんには一つ上の姉がいて大原沙莉さんという方なのですが、プロボディボーダーなんです。サーフィンとはちょっと違う競技だけど、同じ波にむかって挑むところは一緒ですね。

洋人さんの出身高校は「明聖高等学校」ですが、女子で同じサーファーの川合美乃里さんも同じ高校出身ですね。

若くしてプロになったサーファーにはとても環境を整えてくれる高校なのでしょうね。

スポンサードリンク

大原洋人さんの主な戦績は?

8歳からサーフィンを始めた洋人さんは、13歳の時にNSA(日本サーフィン連盟)の全日本選手権優勝とU16年間チャンピオン獲得を成し遂げて、アマチュアの頂点に立ちました。

中学生でアマチュアとはいえ頂点は凄い成績ですね。

そして同じ年プロになり、ワールドサーフリーグでもU16年間チャンピオンになってるんです。

2012年

  • 全米アマチュアサーフィン連盟(NSSA)カリフォルニア選手権 優勝(日本人初)
  • ワールドサーフリーグWQS湘南オープン 優勝(最年少優勝)

2013年

  • ワールドサーフリーグ・ワールドジュニアU20 3位入賞(日本人初)

2015年

  • カリフォルニア州ハンティントンビーチWQSイベント・Vans US Open of Surfing 優勝(日本人初)

2017年

  • ワールドサーフリーグ・QS6,000のオーストラリアンオープン・オブ・サーフィン 3位入賞
  • QS1,000のコミュニティプロジェクト・セントラルコーストプロ 優勝
  • QS3,000のプロ・サンタクルーズ2017 3位

世界最高峰のチャンピオンシップツアー(CT)に出場出来れば、日本人選手として初の快挙なんですって。

日本人を両親に持つ五十嵐カノア選手も2016年にCTに出場しているのですが、CTには米国選手として出場しているので、実質大原選手が初となる可能性は大きいってことですよね。

大原洋人さんのサーフボードやスポンサーが気になる!

プロの選手って、どんなサーフボードを使っているか気になりますね。

大原選手が2017年のQS1000で優勝した時のボードは

JS MONSTA6(モンスタ6)

JSサーフボードの中でも最も多彩で優秀と言われるシリーズなんだそうですね。

大原選手だけでなく、色んなプロのサーファーが大事な大会でこのボードを使うことが多いんですって。

そして大原選手のスポンサーは

  • Alpina(アルピナ)(高級時計メーカー)
  • glassy(企業のブランディング、プロモーション業務)
  • ムラサキスポーツ

大原洋人さんのCTツアーを一緒に応援してくれる企業ですね。

スポンサードリンク

大原洋人さんの日焼け画像が痛そう!

Twitterを読んでたら、ハワイでサーフィンした時に日焼けした画像があまりにも痛そうなんです。

出典:https://twitter.com/hirotoohara1

もうなんか、日焼けっていうか、火傷みたいですね。

たしかにサーファーはみんな肌が焼けて黒いけど、これは・・痛そう!

それともこういう日焼けは日常で、いつものことなのでしょうか?

まとめ

日本にも素晴らしいサーフィンの選手は沢山いるんですね。

3年後だと24歳の大原選手。

年齢的には問題なし。

会場は生まれ育った地元。

これは期待大かもしれませんね。

サーファー関連記事

川合美乃里の戦績や性格は?両親や高校についても調査!

五十嵐カノアの生い立ちや経歴が凄い!家族や彼女もプロサーファーだった!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする