岡崎陽向(女子テコンドー)のプロフィールや戦績は?家族や道場も気になる!【ミライモンスター】

こんにちは、ナゴミです。

2018年3月25日に放送される

「ミライモンスター」に女子テコンドー選手の

岡崎陽向さんが出演します。

13歳にしてテコンドーの大会で

数多くの功績を残す天才テコンドー少女なんです!

これからが楽しみなまさに

ミライモンスターの岡崎陽向さんですが

どんな選手なのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

岡崎陽向さんのプロフィールと経歴

出典:http://www.taekwondo-aihara.net

名前:岡崎 陽向(おかざき ひなた)

生年月日:2005年1月17日

出身:宮城県仙台市

中学:仙台市立郡山中学校

4歳から相原道場でテコンドーを始め

早くも才能が開花しました。

全日本ジュニア選手権では小学1年から

各年代5連覇を達成し、6年時は

股関節を痛めた影響で

惜しくも準優勝でしたが、それでも

もの凄い成績ですね。

小学校4年生の時には

1年間の間に優秀な功績を残した者に

市から送られる仙台市スポーツ賞を受賞。

こんな天才ならメディアもほっておかない

ですよね。

国内だけではなく

2015年USオープン(10~11歳の部)

では準優勝

トゥルー・アリーナ選手権

14歳以下37キロ級では優勝を果たしました。

ついでに好きな食べ物はお寿司と

から揚げだそうです。

こんな情報を見るとついほっこりしますよね。

可愛いです(笑)

現在は『仙台市立郡山中学校』に在籍中で、

中学生になっても岡崎さんは

相変わらず強いままです。

スポンサードリンク

岡崎陽向の蹴りが凄い!


岡崎選手の動画を発見しました!

相手の動きに合わせた

見事なカウンターでしかも回し蹴り!

こんなに小さい体で見事に決まった

回し蹴りは初めてみたかもしれません。

マンガみたいです!

スポーツは勝ち負けがつきますし

こんな事思ってはいけないかもしれませんが、

相手の子がちょっとかわいそうですね・・・

思いっきり顔面に入ったので

鼻血も出てしまいました。

トラウマになってしまいそうですが、

今も頑張ってテコンドーを

頑張ってくれてたら嬉しいな・・。

岡崎陽向さんの道場は?

岡崎陽さんは祖母の勧めで

テコンドーを始めまたそうで、

勧められた先の道場というのが

相原儀雅さんが代表を務める、

『相原道場』という道場なのです。

相原道場には当初、片道一時間を掛けて

通っていましたが、8歳で家を出て

先生のご自宅で下宿しているのだとか!

「テコンドーを辞めるまで帰らない」

小学校4年生の時にこんな言葉を

発せられるでしょうか!

もう尊敬しかありませんよね!

しかも、師範の相原儀雅さんには

「練習の虫」と言われるくらい

練習に明け暮れてるんだとか。

小学生4年生の私は勉強もせず

スポーツも特にせず、

ゲームして遊んでいた・・・

岡崎さんをみていると自分が

恥ずかしくなるのと同時に

すごいな、強いなと感じました。

何かを極める、トップに立つには

多くのものを犠牲にしなければ

いけないのですね。

小学生のころは家族と過ごすのが

当たり前ですし、甘えたい時期ですから

この決断は本当にすごい事です。

テコンドーが好きで負けたくない、

一番になりたいという想いが

一番強いのでしょうね。

スポンサードリンク

岡崎陽向さんの家族は?

岡崎陽向さんは5人兄弟です。

父・母・兄・弟がいるんです。

兄弟もテコンドーしてるかな?と

思い、道場など調べてみましたが

同じ苗字の選手は一人。

兄の岡崎大地さんもテコンドーを

されてました。

テコンドーをやってるのは

陽向さんと大地さんだけかも

しれないですね。

でも、闘争心が強いのは

陽向さんが一番みたいですね。

まとめ

岡崎陽向さんについて調べてみました。

岡崎さんは将来を期待される選手ですが

やはり気になるのはオリンピックですよね!

テコンドーはシドニー五輪から

正式種目となっていますが、

なんと現行ルールでは

16歳以上の年齢制限があり、

2020年に15歳となる岡崎さんは

出場できないんです。

しかしテコンドーの五輪ルール変更が

激しいらしく、年齢制限が

下がる可能性もあるようです。

年齢制限さえ満たせば五輪出場は

ほぼ間違いないでしょうから

出場出来ることを願っています。

自分ではどうしようもないことですが

人生で自国で開催されるオリンピックに

出場するチャンスなんて滅多にないですから、

岡崎さんが日本のトップとして

東京オリンピックに参戦できることを

期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする