中村麻里子(元AKB)が「まりパン」デビュー!女子アナは何故「パン」がつくの?

こんにちは、ナゴミです。

2017年3月にアイドルグループAKB48を卒業した中村麻里子さんが、8月7日についにアナウンサーデビューを飾ることが出来ました。

この日は長寿台風5号が日本に上陸している時だったので、直前まで状況が変わる慌ただしさだったみたいですが、落ち着いた様子で3分間読み上げたようです。

テレビカメラには慣れてるはずですがアイドルの時とは状況が全然違うので緊張したんでしょうね。初々しい様子だったみたいです。

中村麻里子さんが契約アナウンサーとして勤務しているのは兵庫県の独立放送局・サンテレビジョンです。

中村麻里子さんがサンテレビに入社にいたるまでの経緯を調べてみました。

スポンサードリンク

中村麻里子さんのプロフィール

出典:http://sun-tv.co.jp/anablog/nakamura/

本名:中村 麻里子(なかむら まりこ)

生年月日:1993年12月16日

出身地:千葉県

血液型:B型

趣味:字を書くこと・読書・睡眠・人間観察・パソコン

小さい頃からテレビの中に入りたい、テレビに出たいとテレビに憧れを抱いてるお子さんだったようです。なのでAKB48のオーディションの合格する前は他のオーディションにも応募していたんですね。

残念ながら一度はAKB48のオーディションに落選しているのですが、オーディション雑誌に再び募集告知が掲載されたときに応募して、晴れて合格した根性ある過去があります。

なんと、AKB48加入当初はメイクの仕方が分からず、すっぴんで握手会で出たそうです。

加入当初といったらまだまだ10代の若々しいお肌の時じゃないですか。

アイドルだからメイクはするでしょうけど、一般的には10代はメイクいらないですもんね。

そしてAKBの中では「一番礼儀正しい子」とキャッチフレーズがつくほどだったんです。

何気にこの頃からアナウンサーの素質ありですね。

2013年に明治学院大学に入学してもAKB48の活動をつづけながら学業も頑張っていたんですね。

2017年3月16日に明治学院大学を卒業し、同日にAKB48劇場で3月30日の卒業公演をもってAKB48を卒業することと4月からサンテレビジョンに契約アナウンサーとして入社することを発表しました。

怒涛の一日だったんですね。ファンは卒業を祝ったり卒業を悲しんだりアナウンサーへの道に送り出したりで感情が忙しかったことでしょう。

スポンサードリンク

アナウンサーに「パン」がつくわけは?

無事、ニュースでアナウンサーデビューを果たした中村麻里子さん。

見逃した方、サンテレビ公式ライン「サンテレビニュース」で見ることが出来るんです。

サンテレビニュースをお友達登録すればいいんですって!

ところで中村麻里子さんは自ら「まりパン」って呼んでくださいと言ってますが、アナウンサーの「パン」をつけるのはフジテレビの女子アナに多いですよね?

ちょっと調べてみたのですが、

フジテレビの女子アナに「パン」がつくようになったのは、千野志麻アナウンサーが始まりで、新人アナウンサーだった千野アナが「チノパン」という番組名の司会を務めたのが始まりだそうです。

以降もアナウンサーが変わっても、アナウンサー名+「パン」をつけて継続していったようです。

こんな歴史があったなんて知らなかったです(笑)

「パン」は他局にも波及してるんですね(笑)

まとめ

最近アイドルからアナウンサーの転身する方も増えてきましたね。

アイドルになった=終わりではなくて、通過点なのでしょう。

ビジュアルも良ければ頭もいいけど、影の努力は計り知れないです。

元AKB48の中村麻里子さんがアナウンサーで成長していく姿が見守りたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする