村田崇徳(和菓子職人)のプロフィールや経歴は?パリのお店の場所はどこ?【和風総本家】

こんにちは、ナゴミです。

2018年1月4日に放送される「和風総本家」にフランス・パリで和菓子を作る職人さんが紹介されます。

職人さんの名前は村田崇徳さん

洋菓子ではなく、和菓子をフランスでということなので、珍しいですよね。

なぜ、フランスなんだろう。

そして村田崇徳さんの経歴なども気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

村田崇徳さんのプロフィールは?

出典:http://www.french-code.com/

名前:村田 崇徳(むらた たかのり)

生年月日:1978年

出身地:愛知県碧南市

村田崇徳さんの実家は祖父の代から続いてる老舗の和菓子屋さんです。

なので、小さなころから和菓子造に興味を抱いて自然な流れで東京製菓学校へ進学したんです。

製菓学校卒業後は、京都の和菓子店で4年間修業をしていたのですが、一区切りがついたころにお兄さんが勤めているパリの洋菓子店「サダハル・アオキ」に遊びに行きました。

サダハル・アオキのオーナーの青木さんに渡仏を進められて、村田さんも海外のお菓子や文化を学ぶためにワーキングホリデーのビザを取得してサダハル・アオキでしばらく働いたんです。

でもやはり和菓子が作りたいという気持ちが大きくなってきたんです。

パリで修行したお店は「あい田」

和菓子職人として働き口を探してたところ、パリで日本料理のお店をみつけ、ドアをたたく村田さん。

お店の名前は「あい田」

そこで和菓子を担当させてほしいとオーナーの相田さんにお願いし、食後のデザートのお菓子の担当をしたんです。

この「あい田」のオーナーの相田康次さんといい、なんと元いいとも青年隊なんです。

そしてフランスのミシュランで日本食レストランとしては初となる「1つ星」を獲得したお店でもあるんですね。

3年ほど「あい田」でデザートを担当していた村田さんですが、帰国して実家の和菓子店を手伝ってたんです。

2010年の終わりごろに相田さんが「あい田」のパートナー店として和菓子店をオープンさせる話を村田さんに持ってきます。

実家を継ぐ予定だった村田さんは悩みましたが、挑戦してみたいという気持ちがあったのでご両親を説得して、再びフランス行きを決意したんです。

そしてパリに「和楽(Walaku)」という和菓子店をオープンさせたんです。

スポンサードリンク

今現在の村田さんのお店は「Patisserie TOMO」

調べてみると和楽で働いてた村田さんですが、現在はフランス人のパティシエ、ロマン・ガイアさんと共に「Patisserie TOMO(パティスリーとも)」というお店で経営と和菓子作りをされてるようです。

和楽はどうなったのかな?

誰かに譲ったのか、閉店されたかまでは確認できなかったのですが、今は違うようですね。

独立されたのでしょうか?

それでもフランス・パリで和菓子職人として奮闘されてるというのは凄いですよね。

口コミの良さにも注目です。

ここで売られてる和菓子は、どら焼きがメインなのですが、見た目はとてもきれいで、いわゆる日本的などら焼きとは全然違う感じですね。

正統派のどら焼きもあるのですが、目を引くのはやっぱりアレンジされたどら焼きですね。

洋菓子のような見た目だけど、あんこを使った和菓子なんですよね。

なんだか不思議です。

出典:http://patisserietomo.fr/

何故どら焼き?と思ったら、フランスではドラえもんのアニメが浸透しているようで、ドラえもんの大好物のどら焼きだったら認知されてるから・・という理由なんですって。

なるほど!(笑)

まとめ

フランスではいわゆる甘い豆を苦手としている人がおおいんだそう。

村田さん自身も和菓子を世界に広めるために本当に美味しいものを食べてもらうために一生懸命なのですね。

あんこって、小麦や乳製品や卵アレルギーを持ってる人でもOKだし、洋菓子よりはヘルシーですよね。

見た目の美しさや季節感が味わえるお菓子って、和菓子が一番なんじゃないでしょうか。

フランスの方たちにもっと受け入れられるといいなと思いつつ、パリに行く予定が人生の中でないので、近所の和菓子屋の売り上げに貢献したいですね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする