栗林熙樹(東大卒の大工)の経歴や家族は?官僚の道を蹴って勤務する建築会社はどこ?【初耳学】

こんにちは、ナゴミです。

2018年4月1日に放送される

「林先生が驚く初耳学!」

灘高→東大→官僚の道を蹴って大工さんに

なったという男性が出演するようです。

男性の名前は栗林熙樹さん。

凄い経歴ですよね。

栗林熙樹さんの経歴や勤めてる会社はどこか

気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

栗林熙樹さんのプロフィールは?

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/sokontokoro/

名前:栗林 熙樹(くりばやし ひろき)

生年月日:?26歳くらい?

出身地:兵庫県神戸市

栗林さんはあの灘高に2位の成績で合格してる

くらいの頭脳の持ち主なんですね。

入試試験の難易度は全国ナンバー1と言われる

学校なので頭の良さがはっきりわかります。

一日12時間も勉強してたんですって。

その甲斐あって現役で東大工学部建築学科

4年間学んだあと官僚の試験を受けて

合格していたんですね。

でもその官僚の道を蹴って

大工さんの道を進んだ割と珍しい

人生を進んでます。

栗林さんは東大時代に日本家屋に

興味を持って「建築」に興味を

持っていたんですね。

それで建築関係で働くなら自らの手で家を

建てたいと思い、縁もゆかりもない大工の世界

に飛び込んだんです。

この選択は、庶民から見たら凄い勇気だと

思うのですが・・行動力が

半端ないですね。

栗林熙樹さんの家族は?

東大から官僚の就職を蹴った栗林さんですが、

実家の家族はどう思ったんだろう。

って気になってしまいました。

調べてみたら、ご実家は

父親は東大卒のお医者さん

姉は京都大学卒業

妹は岡山大学医学部(在学中?)

と、なかなかのエリート一家なんです。

大工の道に進む時反対されなかったのか

気になりますね。

でも、栗林さんがやりたくて行動を起こした

結果なのですから理解ある家族だったら

いいですよね。

スポンサードリンク

栗林熙樹さんが勤務する会社はどこ?

栗林さんが大工の見習いとして就職したのは

静岡県沼津市にある平成建設です。

ここの会社は職人さんの8割以上が

大学や大学院出身なんです。

一般的に家を作る時は、現場監督はハウスメーカー

からやってきて工務店の大工さん達に

指示を出したりするのですが、平成建設では

設計も施工も現場監督も全部同じチームで

出来るので、いい家が速くコストを抑えて

出来るんだとか。

そのために大学で建築を学んだ人材が必要

ということで、高学歴の人材が集まってるんです。

栗林さんも他のかたも職人や大工になりたくて

入社されるようです。

大工さんも頭がよくないといけないんですね。

イメージと違いました。

栗林さんは「東大君」と呼ばれながら

図面の面倒な計算などもささっと

してしまうんです。

頭脳がいるんですね。

納得です。

まとめ

栗林さんの生き方を見ていると

本当にやりたいことを学んで仕事に

出来るってなんて幸せなんだろうって

思います。

お金や休日も必要ですが、仕事自体が

好きだったら勤務中も休日も楽しく

過ごせそうですね。

勿論楽しいことばかりではないでしょうけど

やりたいことを見つけて仕事にしてる

栗林さんが一人前になったら

素敵な家を作る大工さんになってるかも

しれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする