今明秀(ER救命医)の経歴や家族は?勤務する病院や年収も調査!【情熱大陸】

こんにちは、ナゴミです。

2018年2月11日に放送される

「情熱大陸」に救急専門外来にER救命医の

今明秀さんが出演されます。

年間にして2万4千人あまりの

救急患者を受け入れてると言う病院の

院長さんです。

救急患者といったら、予測がきかなくて

常に一刻を争うところですね。

そんな今明秀さんの経歴や勤務先の病院

年収など気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

今明秀さんのプロフィールは?

出典:http://www.mbs.jp/jounetsu/

名前:今 明秀(こん あきひで)

生年月日:1958年

出身地:青森県

学歴:自治医科大学卒業

今さんは大学を卒業して研修医として

故郷・青森県の青森県立中央病院で2年間

の臨床研修期間中にかなりつらい体験を

されます。

事件で刺されて救命救急として運ばれてきた

女性を救うことが出来ずに

目の前で亡くしてしまうんです。

研修期間なので仕方ないのかも

しれませんが、今さんは自分が

外科医としての自信を完全になくして

しまいます。

ですが、この経験があったから今さんは

救急医療を学ぶきっかけになったんです。

その後の経歴なども調べてみると

実に様々な救命救急センターで勤務してるのが

分かりました。

  • 1983年自治医科大学卒業
  • 1983年青森県立中央病院 研修医
  • 1985年倉石村国保診療所 所長
  • 1986年公立野辺地病院 外科
  • 1988年六戸町国保病院 外科
  • 1990年青森県立中央病院救命救急センター 外科
  • 1991年下北医療センター国保大間病院 外科副医長
  • 1993年公立野辺地病院 外科副医長
  • 1998年日本医科大学救急医学教室に入局
    川口市立医療センター 救命救急センター
  • 2004年八戸市立市民病院 救命救急センター所長
  • 2011年八戸市立市民病院 副院長
  • 2017年八戸市立市民病院 院長

引用元:https://www.e-doctor.ne.jp

常に救命救急の現場で活動していたのですね。

スポンサードリンク

今明秀さんの家族は?

今さんは家族はいるのでしょうか。

現在既婚者で、家族は奥様と

長男・次男・長女と5人家族のようです。

年齢などは分かりませんが

今さんは現在59歳なので

お子さんたちは大人なのかも

しれないです。

救命救急医として活動してた

今さんの背中を見て育ったんですね。

忙しい父を見て尊敬してたかな?

救命はいつも

突然であまり旅行とかは出来なかった

かもしれません。

ちょっと寂しい思いもしてたかも

しれないですね。

と思うと、奥様は忙しい今さんを支え

お子さんたちを育て上げたのでしょうか。

勤務する八戸市立市民病院の場所は?

2004年から勤務してる

八戸市立市民病院ですが、当初は救命医は

一人。

医師不足の病院だったのですが、

努力の甲斐あり救急医は最高で22名

10年間で救急専門医を40名育てたんです。

ドクターヘリやドクターカーも始めました。

八戸での救急活動の成功が広く報道され

全国の地方救命救急センターはドクターヘリを

始めるようになったんです。

当初7機しかなかったドクターヘリは

現在50機以上はあります。

ドクターヘリのおかげで助かった命も

沢山あるんでしょう。

そんな今さんがドクターヘリを

導入した病院の住所は

青森県八戸市田向毘沙門平1

古くて医者不足と言われてた昔と違い

設備も医師も診療科も充実しています。

こんな病院が近くにあるのは

市民にとって安心できる要因ですね。

スポンサードリンク

今明秀さんの年収は?

こんなに忙しく、緊急の命に関わる

仕事はどのくらいのお給料があるんでしょう。

純粋に救急医としての年収を

調べてみたら、

1000万~1400万円くらい

あるみたいです。

ですが、これはあくまで一般のお話。

今さんは院長です。

ドクターヘリ体制を確立した

第一人者でもあるので3000万以上は

あるのではないかと考えます。

今さんは書籍も出版してるので本の印税も

あるかと思われます。

まとめ

今さんの言葉で印象に残った言葉があって

「救急医は、患者の救命に対して

全力投球する。ギアはトップギアだ。

だけど、それがかなわない時は、

ギアをチェンジする。ローギアに変えて

家族に全力投球する。」

患者さんも大切だけど、その家族にも

きちんと心を向けています。

そんな医者が院長だと日本の

未来にも希望が持てそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする