「ケイケイファーム」ぶどう農家の場所や直売してる場所は?通販もあるの?【人生の楽園】

こんにちは、ナゴミです。

2017年9月30日に放送される「人生の楽園」で、岡山県でゼロからぶどう栽培を始めたご夫婦が紹介されます。

ゼロから始めたってなかなか勇気がいることですよね。

どんな経緯でぶどう農家になったのか、販売してるところはどこなのか、気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

「ケイケイファーム」を営むご夫婦は?

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

今回、ぶどう農家を営んでいるご夫婦は、岸本圭司さん(58歳)と、妻の邦子さん(55歳)のご夫婦です。

元々岡山市出身の岸本さんでしたが、関西地方で不動産業に就職し34歳で邦子さんと結婚します。

その後転勤で東京へ移住したんです。

東京では仕事に追われる忙しい日々だったそうです。なので老後は田舎で自然に囲まれた環境でのんびり暮らしたいと考えていたんですね。

邦子さんも元々田舎生まれ育っていたので賛成だったんです。二人の意見が合うことが大事ですよね。

そんな中で東京で開かれた就農フェアで吉備中央町のぶどう作りに出会います。岸本さんが49歳の時でした。

50歳からでも始められるというぶどう栽培は、栽培方法が確立してて研修制度や支援体制も整っていたのが岸本さんの背中を押したようです。

2009年の11月に夫婦で吉備中央町に移住し、行政が主催する新規就農実務研修でブドウ栽培について2年間学び、借地で栽培をしながら自分の園地の整備を進めてきました。

昨年の10月にぶどう農家「ケイケイファーム」として独立して、今年からようやく自分の園地のみで栽培したぶどうを収穫したんですね。

岸本さん夫婦が栽培するぶどうの品質は、リピーターが年々増えるほど良く栽培の様子を見学したいという方も県外から来られるようです。

「ケイケイファーム」の場所や直売所はどこ?

住所:岡山県加賀郡吉備中央町吉川839-1

電話:0866-56-9707

将来ぶどう農家を目指してるかたが見学をするのにとても参考になるのかもしれないですね。

ここで栽培されたぶどうは、近くの青空市で販売しているようです。

車で5分ほどで行ける場所で、ぶどうの他に今年からはブルーベリーや小松菜などの野菜の栽培なども挑戦してるようなので、岸本さんご夫婦が栽培した野菜もあるかもしれませんね。

青空市の場所は

住所:岡山県加賀郡吉備中央町吉川4469

電話:0866-56-8078

営業時間:8:30~17:30

定休日:年中無休(12/31~1/3を除く)

今に季節はぶどうの他に栗やナスなどが人気のようですね。

野菜や果物だけではなく、猪肉も売ってるみたいですよ。食べたことないなぁ~。売ってるところもみたことないけど・・。気になりました(笑)

スポンサードリンク

どんな種類があって、通販はしてるの?

岸本さんが栽培してるぶどうってどんな種類があるんでしょうか?

調べてみると結構種類があるんです。

  • ピオーネ・・大粒・種なし・美味しいの3拍子そろった一番人気
  • シャインマスカット・・糖度19~22度と高く、皮ごと食べられる一押しぶどう
  • 安芸クイーン・・糖度18~20度で香りが良く濃厚で美味しい
  • ゴルビー・・糖度20度前後で果肉がしまり、肉質、食味共に良好
  • 昭平紅・・カリカリの食感で皮ごと食べられる今までにないような食感で非常に甘い
  • 瀬戸ジャイアンツ・・糖度16~17度で香りはなし。果肉は固くしまっていて皮ごと食べられる
  • ブラックビート・・糖度16~17度でピオーネほど濃厚ではないがあっさりして食べやすい
  • サニードルチェ・・糖度は17度程度だけど、青リンゴのような独特の風味があって、皮ごと食べられる
  • 紫苑・・糖度は18~20度と高い。多汁で食感がよい。あっさりしてて甘くて種がないけど、皮は食べられない

ピオーネだけじゃないんですね。こんなに種類はスーパーには並ばないですからびっくりです。

肝心の通販ですが、「ケイケイファーム」で基本的に受付をしているようですが、2017年度の受け付けは終了してしまったようです。

ただ、人生の楽園放送後が若干の販売はあるようです。

その際は電話受付のみとなるようなので、注意が必要です。

電話0866-56-9707

携帯:090-1765-7984

ブドウを購入した方や、今年ブドウの購入が出来なかった方のために「ブドウ販売のご案内ハガキ」を毎年8月上旬にハガキかメールで案内しているようですね。

ご希望の方は

kk-farm@kibi.ne.jpのアドレスに

(1) 件名 「ブドウ販売の案内」
(2) 記載項目  ご氏名、住所
(3) その他(コメント・ご要望等)

を送ると案内が届くようです。

まとめ

定年後にゼロからのぶどうだけではなく、野菜なども栽培を始めて楽しく農業をしてる姿は私たちの老後にも希望を与えてくれますね。

農家が減少してるという話はよく聞きますけど、やろうと思えばいつからでもいいんですね。

今後もおいしいブドウを栽培して下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする