川合美乃里の戦績や性格は?両親や高校についても調査!【ミライモンスター】

こんにちは、ナゴミです。

2017年11月19日に放送される「ミライモンスター」にサーフィンの川合美乃里さんが取り上げられます。

2020年の東京オリンピックの頃にはちょうど二十歳。

最年少でプロのサーファーになったという凄い腕の持ち主です。

どんな方なのか気になった事を調べてみました。

スポンサードリンク

川合美乃里さんのプロフィールは?

出典:https://twitter.com/1214minori

名前:川合 美乃里(かわい みのり)

生年月日:2000年12月14日

出身地:徳島県

居住地:千葉県・一宮

血液型:AB型

身長:167cm

体重:53キロ

スポンサー:SMACサーフボード・O’NEILL・CUTBACK・KOMUNITY・RONIN・OBFive・glare surf

出典:http://www.surftrip.biz/

川合美乃里さんがサーフィンを始めたきっかけは、お父さんなんですね。

写真は右が母・あすかさんで、左が父・勇一さんです。

父・勇一さんがサーファーで、美乃里さんは赤ちゃんの頃から毎週末、車で2時間かけて高知県の生見海岸に行っていたようです。

美乃里さんが6歳の頃、それまで母・あすかさんはやってなかったんでしょう、あすかさんが「サーフィンしたい」と突然言い出したことがきっかけで、美乃里さんも一緒に始めることにしたんです。

この時あすかさんがサーフィンをやると言わなかったら、美乃里さんも違う人生だったかもしれないですね。

意外な事に最初は水に顔をつけることが出来なかったようですよ。

初めて大会に参加したのは小学校2年生の時で、負けたことがすごく悔しかったんですね。

それからは持ち前の負けん気で本格的に練習に取り組んだんです。

ただ、当時の美乃里さんの家の近くの海は、波があまりなかったので、普段はスケボーや体幹トレーニングで鍛えたそうです。

環境がなければ、工夫すればいいんですよね。

これをできる子ってなかなかいないんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

高校はどこ?

美乃里さんは昨年5月から充実した環境を求めて、家族でサーフィン愛好家の集う千葉県の一宮町に移住しているんです。

そして通っている高校は、私立の「明聖高等学校」です。

この高校は通信制の学校で、わりと最先端をいく高校なんですね。

コースによっては生徒は自分のアバターを作ってバーチャル空間の学校に通学するということも出来るんですね。

ニュースで見たことあるけどここの高校だったんですね。

川合美乃里さんの性格は?

Twitterなどを見ると、おちゃめなコメントも多々見られる美乃里さんなのです。

明るいけど負けず嫌いな一面もありますね。

ぱっと見、サーフィンしてて髪が茶色いし、肌も黒いので、チャラチャラして見られるのが嫌なんだそう。

サーフィンの選手って、海に入るから髪は茶色くなるし、日に焼けるから肌も黒くなるんですよね。

なので、イメージで見られたくないということで、髪の毛をわざわざ黒く染めなおしているんだとか。

真面目にサーフィンに取り組んでるからこその行動でしょうね。

サーフィンの練習も一日に6時間もしたりと好きになったら一直線に取り組むんでしょうね。

スポンサードリンク

川合美乃里さんの試合の実績は?

川合美乃里さんは13歳9カ月に時にプロに転向し、日本プロサーフィン連盟最年少の記録保持者なんですね。

現在高校2年生ですが、もうすでに優勝を何度も経験しています。

全部ではないですが、好成績なものは下記ですね。

2016 WSL JAPAN ウイメンズジュニア年間チャンピオン
2016 WSL Junior #26 QS1000 「Minami Boso Junior Pro」 優勝
2016 JPSA ショートボード女子 最年少グランドチャンピオン
2016 JPSA 第6戦 サンマリエ ALL JAPAN PRO 準優勝
2016 JPSA 第5戦 第21回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯 優勝
2016 JPSA 第4戦 新島サーフフェスティバル 新島プロ 3位
2016 JPSA 第2戦 伊豆下田CHAMPION PRO Presented by LesPros entertainment 準優勝
2015 JPSA 第8戦 24SURF_ presents 鴨川 naoプロ supported by GRAND MARBLE 優勝
2015 JPSA 第3戦 LesPros entertainment presents 伊豆下田CHAMPION PRO 優勝

出典:http://www.senshukai.co.jp/main/top/press/sponsor01.html

2017年5月に行われたサーフィンの大会、一宮千葉オープン最終日で世界の強豪国から48選手が参加してる中、「QS3000」という世界最高峰の女子プロツアーの下部大会の中で2番目にランクが高い試合で優勝したんです。

QS3000で日本人の女性が優勝したのは初めてだったようです。

目標は準優勝だったという美乃里さんですから、どれだけ大きい大会かがわかります。

しかも会場は東京オリンピックで使用される会場ということですから、期待が大きくなりますね。

まとめ

確実に実績を残している川合美乃里さん。

3年後の東京オリンピックの会場の波を味方にすることが出来たんだから今後が楽しみです。

選手のことを知ると、応援にも力が入ります。

オリンピックの時期は丁度20歳。

どんな大人になってサーフィンするのかワクワクします。

関連記事:五十嵐カノアの生い立ちや経歴が凄い!家族や彼女もプロサーファーだった!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする