石川竜一のプロフィールは?写真家だけど映画も出てる?過去の作品は?【ハートネットTV】

こんにちは、ナゴミです。

2017年8月16日に放送される「ハートネットTV」で沖縄の写真家・石川竜一さんが出演されます。

石川さんは2年前に写真界の芥川賞と呼ばれる木村伊兵衛写真賞を受賞している注目の写真家です。

主に沖縄の写真を撮っている方なのですが・・沖縄の写真と言ったらまずパッと出てくる景色って、綺麗な海だったり風景だったりしませんか?

石川さんの沖縄の写真とは綺麗な写真を撮るための写真ではなく、沖縄の生まれた人間の日常が多いです。

石川さんの写真は独特の感性で、その時その場所での人だったり風景だったりを収めているのですが、その写真がウソ偽りない、現在の、作ってない瞬間でベストの瞬間から少しずれた感じの緩さがあって、とっても引き込まれるんですよね。

そんな写真を撮る石川竜一さんという方はどんな方なのでしょうか?

スポンサードリンク

石川竜一さんのプロフィールは?

出典:https://bulan.co/swings/

名前:石川 竜一(いしかわ りゅういち)

生年月日:1984年

出身地:沖縄県宜野湾市

学歴:宜野湾高校・沖縄国際大学社会文化学科卒業

主な受賞歴

  • 2012年「okinawan portraits」で第35回写真新世紀佳作受賞
  • 2014年写真集「絶景のポリフォニー」「okinawan portraits 2010-2012」を刊行し、第40回木村伊兵衛写真賞受賞
  • 2015年日本写真協会賞新人賞受賞

石川さんは中学に入るころから親の勧めでボクシングをしていてその実力はプロや大学からもスカウトがくるほどの実力だったそうです。

でも、ずっと続けていくことが難しいボクシングには辞めた後が大変そうで、続けることに憧れはなくて、最初から学生が終わったら辞めようと思っていたようですね。

それでもボクシングをやめた後は心にぽっかり穴が空いた感じで鬱っぽくなって、自分が何がやりたいかも全然分からない日々を2年ほど過ごしていたんです。

打ち込めるものがないと人間そうなりますよね。

そんな石川さんが写真に出会って活動を始めるまでに何があったんでしょうか?

写真家になるきっかけは?

20歳くらいの頃、散歩していたらリサイクルショップのおじさんに1000円でカメラを売りつけられたんですね。

トリップ35というかわいいオリンパスのカメラだったみたいですが、実は壊れてたカメラだったんです。腹を立てた石川さんは既にそのカメラについて色々聞いて回ってて詳しくなっていたのでバイトしてお金をためて自分でカメラを買ったんです。

写真家・石川さんの写真との出会いは、壊れたカメラを売りつけられていたことから始まったんですね(笑)

そこで新しいカメラを買うという事の為に、鬱状態を抜け出してバイトしてお金を貯めることが凄いなぁ。私だったらカメラが壊れてて悲しい・・で終わるかも。

スポンサードリンク

映画にも出ていた!

主に個展や写真集を出して活動している石川さんですが、2017年1月に公開された映画にも役者として出演していました。

「変魚路」

という映画で映画作家・高嶺剛さんの約18年ぶりとなる新作なんだそうです。

この作品に出演するきっかけはというと、高嶺監督曰く、撮影現場に行ったらたまたまいたんだそうで(笑)

石川さん曰く、今回の映画の美術をやっている現代アート作家の方や助監督と前から付き合いがあって、声をかけてもらったみたいですね。

石川さんは映画の中で女装をしたりヌードのシーンがあるそうです。石川さんのお顔を南国っぽい沖縄の濃い顔なので、女装ってどんなんなんだろう。

なんだか不思議で独特な世界観のある映画ですね。

上映は既に終わっているみたいです。10月ごろ沖縄の「シアタードーナツ・オキナワ」で上映するみたい。

本土での上映は全部日程が終わってます。まだDVDやブルーレイの情報もないですね・・。

過去に作品は何があるの?

現在、写真集だけでも結構出してて

「okinawan portraits」

「絶景のポリフォニー」

「okinawan portraits 2010-2012」

「okinawan portraits 2012-2016」

「CAMP」

「adrenamix 」

出典:https://www.cinra.net/

この中で「CAMP」は沖縄ではなく本州で石川さん自体が最小限の装備だけを持ち食料は現地で調達する「サバイバル登山」に挑戦した時の写真で、今までの写真集とはちょっと趣旨が違いそうで新しい境地ですね。

個展については今現在今後の予定は分からない状態です。

まとめ

石川竜一さんの写真は、お世辞ではない本当の沖縄の現実が多いんだと思います。

今まで、ここまで沖縄の現実味のある写真を撮り続けた方っていたのかな?

石川さんが感じた沖縄そのまんまなのでしょうね。

そしてそんな現実で独特な沖縄の日常を多くの人が見たくれたらなぁと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする