大家族石田さんチ最新版!2017年5月22日放送内容や感想

こんにちは、ナゴミです。

2017年5月22日にあの「石田さんチの大家族」が放送されました!

今回は「別居・介護・相続問題」です。1997年から続いててもう20年目に入りましたね。

子供の頃からずっと見ていたので毎回楽しみです。

今回も問題はどの家庭にも起こりうる問題ですね。

さて、どうなるのでしょうか

スポンサードリンク

石田さんちの家族の今の状況

お父ちゃんである石田晃さん(63歳)が自宅でため息をつくところから始まりました。

ここでまさかの初めから、終活宣言!

お母ちゃんの千恵子さん(63歳)・・実の母・みさ子(84歳)さんが認知症のため、つききっりで介護のため同居

隼司くん・七男(21歳)美容師 二年目・・美容自体の仕事に向いてないと悲観的です。

孝之くん・長男(35歳)IT企業・・すかっりマイホームパパ、一番頼れるお兄ちゃんですね。

智広くん・四男(29歳)製鉄所・・すでにベテランの域なんだそう。

有志くん・六男(24歳)美容師・・すっかり美容師として様になっていました。美容師4年目です。

元基くん・・五男(26歳)IT企業・・有志くんと同居で料理担当です。嫁みたい(笑)職場でかっこいいと言われてました。

芽衣子さん・次女(34歳)市役所勤務・・唯一今も実家に暮らしています。

 隼司くんが仕事疲れ?

2017年のお正月、母の千恵子さんはお雑煮やおせちをもって自宅へ帰ります。

実家に戻っていたのは、元基くんと智広くんです。

お母さんはみさ子さんが心配なので、料理を持ってきたらすぐみさ子さんのところでとんぼ帰りでした。目が離せないですものね。

ひと昔の石田家はお正月ともなれば、お年玉などで大賑わいだったのが、今は人数も少ないので寂しそうなお父ちゃんです。でも、お年玉はちゃんと渡します。

そこに隼司君も帰ってきました。

今年最後とかいうお年玉を貰いつつ、仕事に悩んでる隼司くんです。

隼司くんの職場の美容室は「BLESS 千歳船橋店」

お店の開店前に後輩のシャンプーの練習に付き合ってあげています。

後輩から見たら、面白くて優しい先輩なんだそうです。

隼司くんは何に悩んでるのでしょう・・。

仕事全体に対して疲れてるそうですが、何も考えたくなくて、美容師のレールに乗ったけど、もっと考えればよかったとか。今井ディレクターに言葉を吐いてました。

美容師になって2年目だけど、3年目を目指して結局辞めたら意味ないとのことで悩んでました。

スポンサードリンク

お父ちゃんの次の仕事や終活宣言まで

お父ちゃんは兵庫に来てました。かつてお得意先だった美容室から顧問にとお誘いが来ているんですって。お得意先の美容室の方から「先生」と呼ばれてました。

お父ちゃん、業界ではちょっとした有名人で業界に貢献した方なんですって。すごいですね、定年してもそんな依頼がくるんですね。

昔は周りがパソコンで仕事してても定規で頑張っていたお父ちゃん。50歳で営業本部長に昇進した出来る男です。

2015年には災害で自宅が浸水したこともついこの間のことのようですが、追い打ちをかけるように2016年には脳梗塞で倒れて入院と、晩年に波乱万丈な経験を沢山してきました。

自宅は現在、お父ちゃんと次女の芽衣子さんの2人と猫ちゃんが住んでいます。

お父ちゃん、脳梗塞で倒れた経験をきっかけに終活を考え始めたそうです。

芽衣子さんは休日は一日中パソコンの前で少々ネット依存症気味なんだそうです。

理由はお金がないからだそうです(笑)

今井ディレクターが芽衣子さんに、幸せはなに?と問いかけると、「もう一匹猫を飼うこと」ですって(笑)結婚願望はないと笑って言ってましたが、実際はどうでしょう。

マイペースな芽衣子さんにお父ちゃんとしては、ちゃんとお嫁さんに行ってほしいそうです。

お父ちゃんの身勝手な夢ですって。心配ですよね。

石田家の相続問題

お父ちゃんが悩んでるのは相続問題で誰に家を継いでもらうかということです。

お母ちゃんに相談にいくもすぐ夫婦喧嘩になってます。

見た感じお父ちゃん、気が短い(笑)離婚も言葉も出てましたがいつものことかな?

喧嘩がヒートアップした二人に今井ディレクターがとっさに間に入って大喧嘩は免れました。ナイス!今井!

その後お母ちゃん、昔の職場の同窓会に参加して昔の二人の写真が出てました。

二人とも若い!!お母ちゃん現代でも通用するほど綺麗じゃん!!

孝之くんが、お母ちゃんに墓参りの運転手として呼ばれます。

お母ちゃんはみさ子さんの介護で大変そうです。

認知症の介護なので発狂しそうになるほど疲れていました。認知症介護の現実は他人事ではないですね、孝之君も言葉を失います。

墓参りの後、お母ちゃんは有志くんのもとへ髪の毛を切ってもらいに有志くんの美容室を尋ねます。

お店に大量のどら焼きをお土産を持って・・親心ですね。しかも有志くんの写真も撮ってました。いいお母さんだな。

その後元基くんと待ち合わせて、有志くんと同居してる自宅にお邪魔しに行きます。

元基君の作った本格中華でみんなでご飯を食べ、昔話しつつ、お父ちゃんの終活や相続の話になります。でも、長男まかせ発言がでました(笑)

お父ちゃんは今後の相続の話を孝之くんと話し合うつもりで孝之くんを訪ねます。

孝之君はお母ちゃんの壮絶な介護の現場を目の当たりにしてるので、お父ちゃんに話し合いの時折れてほしいそうです。孝之君は智広くんに家に入ってもらって取り持って話し合いをしたいそうです。

智広君はいいクッション役なのかな?

智広君が実家に呼ばれてました。智広君からしたら、次女の芽衣子さんが継いでくれたらいいという思いがあるそうですが、芽衣子さんは継ぐのはめんどくさそうです。

意見はまとまらず・・・

スポンサードリンク

仕事に迷いのある隼司くん

お父ちゃんは迷える隼司くんを実家に呼び寄せると、すぐ帰ってきました。

仕事はどうなったかと話します。

お父ちゃんは隼司くんが美容業界に3年いたんだったらそこにいてほしいようです。お父ちゃんも美容師だったもんね。

お父ちゃんなりのたとえ話を交えて仕事を覚えるのに3年はかかる、仕事を覚えるのが早い人や遅い人がいるし、しがみ付くのも一つの手だと助言します。

今井ディレクターも説得し一応そのまま頑張って美容師を続けるようです。

早く闇を抜けるといいですね。

相続問題とりあえず・・

お父ちゃんは登記簿を取り出して芽衣子さんに話します。

しばらく登記簿の名義はお父ちゃんのままにしておくそうです。

手続きうんぬんや何かあったら芽衣子さんに動いてもらうようお願いしてました。

芽衣子さんは、自分が死んだら猫をお願いねって冗談言ってました(笑)

お父ちゃん即答で「やだよ」

そして一応お母ちゃんも現状維持に納得したようです。

お母ちゃんがぽろっといいましたが、長女の奈緒子さんは埼玉にいるそうです。

結婚生活も38年になれば問題は沢山出てきますね。

まだ石田さんチは続くのでしょうか?あんまりスッキリとは終わらなかったけど、一家族の人生丸ごとなので、ドラマのようにはいかないですね。

隼司くん、仕事続けてますように。

次の石田さんチも楽しみにしてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あんず より:

    今日の放送も見ました。放送開始から見ています。今日の放送を見ててちえこさんへの、美佐子さんの接し方が気になりました。私も1人で5人介護していました。ヒステリックになる気持ちも十分に分かりますが、あの接し方だとちえこさんが可哀想でなみだしました。私の実母も同じくアルツハイマーです。父は、高次機能障害の半身麻痺、2人とも介護度5です。主人の両親も私が見ています。父は、昨年なくなりましたが、母は、介護度4です。我が家は、子供が授からなかったため頼れる人が居ません。なので私1人で三軒の家を電車で移動して介護しています。主人も障害者で、私も身体障害と精神障害者になりましたが、介護の世話をする事は変わりはないです。みさこさんに怒ったりするくらいならヘルパーさんを交代制にしてお世話を頼んで下さい。見ている方が辛いです。私は、アルツハイマーの母や高次機能障害の父に一度も起こった事も有りません。主人の母は、ギランバレーですが、全てお世話しています。たかが1人の介護であんなにヒステリックになる姿を放送されると涙が止まりません。厳しい事を書き込みして申し訳かですが、千恵子さんは頼れる人が沢山あるのに上手く自分をコントロールして下さい。私も、50才代ですが、終活もエンディングノートも全て書き終えています。私も美容師なので今でも家族のCUT等全てしています。もっと余裕を持って介護してはいかがでしょうか?生意気言ってすみません。石田家の子供達の成長や同じ美容師夫婦とても好きな番組です。だからこそ、千恵子さんなら出来ると思うので怒らずみさこさんと接してください。苛立ち、不安は直ぐに相手に伝わります。
    今後も楽しみにしています。

    • nagomi375 より:

      あんずさんコメントありがとうございます。
      一視聴者として、みさ子さんの介護を千恵子さんが上手に出来るようになればと思ってます。介護は携わった人しか辛さは分からないと思いますが、子育てと同じで同じ状況は二つとないのでしょうね。子育てと辛さは全然違うとは思いますが・・。千恵子さんの介護の風景は実際のものだとは思うけど、強く当たるのはたまにだと思いたいです。あんずさんもどうかお体に無理がきませんように・・。