生田佳那(タクシー運転手)のタクシーを捕まえやすい場所は?実家の動物病院の場所はどこ?

こんにちは、ナゴミです。

少し前に美しすぎるタクシー運転手として有名になった「生田佳那さん」を覚えておられるでしょうか?

最近どうしてるだろうと思いきや、元気にまだまだドライバーを続けておられました。

そもそも、なぜタクシーの運転手をしながらタレントしてんの?と思って調べてみたら・・

今なぜドライバーなのかも納得です。

どんな理由なのでしょう?

スポンサードリンク

生田佳那さんのプロフィール

出典:http://www.asahi.com/and_s/?iref=ands_pc_header

本名:生田 佳那(いくた かな)

生年月日:1991年12月18日

出身地:長野県安曇野市

血液型:B型

身長:150cm

体重:41キロ

スリーサイズ:76 – 64 – 86

学歴:文教大学心理学専攻卒業

生田さんは大学生の時に、表参道でスカウトされてサロンモデルを始めました。

その後は本格的にモデル活動を始めたのですが、まだまだ知名度がないのでお金もスケジュールも安定しない日々に不安を感じていたそうなんです。

大学を卒業するって時に、タクシー会社「飛鳥交通」の「飛鳥交通ドリームプロジェクト」の応募をみて目指すようになったんです。

「飛鳥交通ドリームプロジェクト」とは?・・

芸能界デビューを目指す人、夢を追いかけている役者、タレント、お笑い芸人、ミュージシャン、アイドル等。 タクシードライバーとしてアルバイトしながら、夢を追う若者を応援するプロジェクトです。

なんと、タクシー会社が夢を色んな角度から応援してくれるんですね。メディア出演依頼などもしてくれるようです。

そして見事グランプリに輝いた生田さんは、タクシー乗務をしながらタレントやモデル活動を行うようになったんです。

なるほど!って感じです。

ある意味目立つ!しかも手に職までつけれますね。

2016年に晴れてグラビアデビューを果たし、様々なメディアで活躍しています。

スポンサードリンク

生田佳那さんの家族や実家の動物病院はどこ?

生田さんの実家の家族は父・母・兄がいるようです。

兄は結婚してるようです。

そして実家は獣医をしてるみたいですね。

父の名前がテレビで出まして、「生田明義さん」という方です。

生田明義さんが経営する長野県の動物病院を調べてみたら

「穂高動物病院」

ということが分かりました。

周りは高い建物がなく山に囲まれていて自然が豊かな場所でした。

こんなのどかな場所で育ったんですね。

生田佳那さんが務めている会社は?

最近のタクシー乗務しているところの写真をみると、昔乗ってた車両となんか違いますね。

車両には「日本交通」の文字があります。

えっ?会社変わった?と思って、慎重に見てみたら、生田さんが所属する「飛鳥交通」が「日本交通」のグループに加盟して、車両の色と車が変わったようですね。

まだ「飛鳥交通」にいるようです

日勤で働いているので、夜や深夜は乗務してないんですね。

乗っている車両はトヨタの「クラウン」です。

ちなみに昔のっていたタクシーの車両がドアミラーでつらい・・とブログにあったのですが、今のタクシー車両はフェンダーミラーのタクシーでした。

生田さん良かったですね(笑)

フェンダーミラーだと楽なんですよね。

そして防犯用の板もちゃんと運転席の後ろについてます。

東京だと日勤とはいえ人間が大勢いるからないよりはマシ程度でしょうけど・・。

スポンサードリンク

普段どこで流してるの?

生田さんは元々は長野県出身なので、東京の地理は最初はそんなに詳しくなかったんですね。

今もすべて完全には網羅してないみたいですけど、大体の道路はわかるようです。

で、基本的な走行エリアは渋谷・世田谷を走っていることが多いみたいですね。

一日20~35回の乗務があるようで、同じお客様が乗ってこられたことはまだないようです。

しかも、それだけ人を乗せてるのにテレビに出てるタレントさんと気が付く人は一日に5人くらいみたいです。

みんな運転する人の顔はあまり見ないみたいですね。

お客さんからみたら運転手は前を向いてるし、女性ドライバーも増えてるからなのかな?もったいない(笑)

配車で指名出来ればいいのにね。

まとめ

夢の為にタクシーの乗っている生田佳那さんですが、タクシーの仕事に対するイメージも変えてくれるような気がしますね。

そして、俳優やモデル活動としても活動の場を広げていってるので、応援したいです。

タクシー業界も色々変わってきてるから日々勉強も大変でしょうけどそれ以上の喜びがあるみたいですね。タクシーも安全運転で頑張って!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする