長谷川喜美(空間デザイナー)の詳しいプロフィールは?今までの作品も調査!【セブンルール】

こんにちは、ナゴミです。

2017年12月19日に放送される「セブンルール」で空間デザイナーの長谷川喜美さんが出演されます。

空間デザイナーってなんだろう?って感じですね。

空気をデザインするということは、

形あるものだけでなく、行き交う人々の想い、時間、そこに存在するすべての「空気」を創造する

と説明されてます。

空間を飾り付けるってことでよいのかな?

長谷川喜美さんの詳しいプロフィールを調べてみました。

スポンサードリンク

長谷川喜美さんのプロフィールは?

出典:https://www.tokyo-designplex.com/

名前:長谷川 喜美(はせがわ きみ)

生年月日:非公開

出身地:神奈川県?

学歴:桑沢デザイン研究所

長谷川喜美さんは、芸能界の方ではないので詳細なことは分かりませんが、小学校は湘南の方だったようですね。

現在は会社がある杉並区にお住いのようです。

生年月日は詳しくは不明なのですが、おそらく30代後半~40代前半ではないかと考えます

桑沢デザイン研究所というデザインの専門学校を卒業されて、大手施工会社、デザイン事務所で経験を積み、2004年にベルベッタ・デザインを設立し、独立を果たしました。

独立が13年前ということは、20代の時に独立したのでしょうか。

長谷川喜美さんの家族は?

長谷川喜美さんは29歳の時に同僚だった男性とご結婚されています。

そして、現在息子・陽斗くんは6歳の小学校1年生です。

そして気になるのが、ご両親と同居なのかです。

長谷川喜美さんは、仕事柄、よく現場で徹夜になり朝を迎えることがあるようなんですね。

その間、陽斗くんは大丈夫なのかな?って思います。

もしかして、旦那さんがちゃんとお世話出来る環境にされてるのかもしれませんが、ここらへんは番組内で明かされそうですね。

「子育てと仕事は両立できない」と思い込んでいた彼女が働き方を変えた理由とは?

の問いかけの答えが気になります。

スポンサードリンク

今までに手掛けた作品は?

今のシーズンだったらクリスマスのイルミネーションなどが主なのでしょうね。

でもそれ以外でもイベント会場の飾りつけや、インテリアのデザインなんかも手掛けているみたいですね。

2017年3月・日本橋 日本橋桜フェスティバル2017

出典:http://www.velveta.jp

2017年7月・表参道ヒルズ夏季装飾 2017『BE@RBRICK SUMMER』

出典:http://www.velveta.jp

2017年12月・丸の内 Marunouchi Bright Chiristmas 2017 -Blooming Anniversary~花で彩るクリスマス~-

出典:http://www.velveta.jp

今年の作品をピックアップして画像を掲載させていただきました。

どの作品も見惚れてしまうくらい綺麗で、眺めながらのんびりしたいです。

その他にも日本中のイベント会場にいったり海外にも足を運んで活動されているようですね。

スポンサードリンク

長谷川喜美さんの輝かしい受賞歴

  • ディスプレイ産業大賞 [通商産業大臣賞]
  • ディスプレイ産業奨励賞 [日本ディスプレイ業団体連合会賞]
  • DDA優秀賞
  • DDA賞入選
  • フランス国民美術協会(S.N.B.A.)主催サロン展 2014 [金賞] / [審査委員賞金賞]
  • DSA賞銀賞
  • DSA賞入選
  • JACEイベントアワード 最優秀賞 [経済産業大臣賞]

DSA賞というのは日本空間デザイン賞のことです。

DDA賞はDSA賞の旧名称みたいですね。

ベルベッタ・デザインの代表だけではなくDESIGN ASSOCIATION NPOの理事も務めています。

もう・・デザインと共に人生があるような感じですね。

まとめ

空間デザインって普段の生活にはあまり関与しないけど、ふとした瞬間の非日常を感じさせてくれる素敵な職業なんですね。

センスもモノをいうのかもしれませんが・・。

体力もいるっぽいですが、セブンルールで長谷川喜美さんに密着した様子をみたらどんな感じで仕事をしているかわかるのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする