張本智和くん(卓球)が帰化した理由に驚き!中国の反応はこちら!

こんにちは、ナゴミです。

2017年5月末からドイツのデュッセルドルフで開催予定の第54回世界卓球選手権個人戦に男女通じて世界最年少の13歳6か月で代表に選ばれた凄い選手がいるんです。

13歳ってまだまだ子供ですよね、それが世界を相手に戦うんですからとんでもない実力の持ち主なんだってことがわかりますね。

彼の名前は張本智和くん、まだあどけなさの残る少年です。

張本くんはどうして13歳でここまでの実力をつけたのか気になりますね。

そして、張本くんは日本に帰化した元中国籍の選手なのですが、その理由と祖国・中国の反応を調べてみました。

スポンサードリンク

張本智和くんのプロフィール

出典:https://www.butterfly.co.jp/

本名:張本 智和(はりもと ともかず)

生年月日:2003年6月27日

出身地:宮城県仙台市

所属:JOCエリートアカデミー

身長:172cm

体重:56.5キロ

足のサイズ:27.5cm   *2017年1月~4月の時点

尊敬する選手::水谷隼選手

張本くんのご両親は父・宇(ユ)さん、母・凌(リン)さんといい、どちらも中国の方でそろって元卓球選手で中国代表だったという実力者でした。

1998年に卓球のコーチとして来日して、福原愛選手も所属した仙台ジュニアクラブで長年指導者を務めていたんです。すでに一流との接点があったんですね。

なので当然張本くんも物心ついた時から卓球がそこにあったんでしょうね。2歳からラケットを握っていたんですって!2歳っていったらおもちゃになりそうです。

張本くんには5歳年下の妹・美和ちゃんがいるのですが、美和ちゃんも卓球選手で2015年の日本選手権大会バンビの部で優勝しています。恐るべし張本一家!!強すぎますね。

出典:https://www.butterfly.co.jp/

張本智和くんは2014年父と妹と一緒に日本に帰化しています。中国姓の張智和から張本智和になったんですね。母は中国姓のままみたいですね。

張本智和くんが帰化した理由

わざわざ中国姓の張智和から日本に帰化して張本姓になった理由ってなんなんでしょうね。

これも調べてみたんですが、どうやら東京オリンピックで卓球の日本代表で出場を目指しているようです。確かに中国籍だったら日本でいくら強くても日本代表にはなれないですから納得です。

張本くんは日本生まれ、日本育ちだから問題ないでしょうね。お父さんは国籍を変える時はどんな気持ちだったんだろうと思ってしまいます。

国籍を変えるって一大決心ですよ。

そこまでしてくれてるのだからむしろ応援したくなりますね、今からの日本の卓球界がどんどん強くなる気がします。

スポンサードリンク

気になる中国の反応は?

もともとの祖国、中国は張本くんの帰化や卓球での活躍をどう思ってるんだろうと疑問に思いまして、これも調べてみました。

  • 日本で生まれてるから、日本人だろ。中国と何か関係ある?
  • 東京五輪の時には、俺たち中国がお前を負かすぜ!
  • 卓球は中国一強で面白くないから、こういう風に卓球に目を向けてくれるのは嬉しい。
  • こうやって人材が流出していくんだな・・・
  • 他の球技ならまだしも、卓球で中国に勝とうなんて、へそが茶を沸かすぜ。
  • 金メダル獲ってみろ。祖国に挑んでこい。
  • 中国人が最も許せないのが、中国人が日本国籍になることだぞ!

出典:http://asiareaction.com/

一部を抜粋したのですが、寛容なコメントもあれば、敵意むき出しのコメントもありますね。

まぁあれだけの人口がいたらいろんな意見がありますよね。日本でも色々言う人は言うし。しかし張本君の実力は中国でも知れ渡ってるんですね。

中国の新聞記者は今後様々な中国選手の記録が張本選手に破られるだろうと報じているようです。冷静な大人の意見ですね・・。

張本智和くんの実力!世界卓球に初出場!

13歳で世界大会に出場できるほどの実力ってどんだけ?って思いませんか?

過去の試合結果をみたら納得します。

2010年から2015年まで行われた全日本卓球選手権大会ではすべて優勝しています。6年連続優勝ですよ。

他の試合は挙げたらきりがないのですが、出場した大会の殆どが優勝か準優勝しています。

向かうところ敵なし状態ですね。

まとめ

今の日本の卓球界はすごい人材が男子も女子もそろってますね。活躍をテレビで見るたびに拍手ものです。

もうすぐ行われる世界大会で張本智和くん含め、日本選手みんな頑張ってほしいです。

東京オリンピックも目標の一つだろうけど、色んな試合で一つ一つ勝利を重ねていって下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする