成田ブランドのさつまいも「紅娘」は購入出来る?甘さや食感は?カルビーもお菓子に使用してた【ごはんジャパン】

こんにちは、ナゴミです。

2017年11月18日に放送される「ごはんジャパン」で奇跡のさつまいもと言われる「紅娘(べにむすめ)」のことが紹介されます。

千葉県成田市のブランドさつまいもは主に「大栄愛娘」ですが、この大栄愛娘から生まれたのが「紅娘」なんです。

まだ誕生して間もないのと市場には多く出回ってないみたいなのですが、購入できるところはないか調べてみました。

スポンサードリンク

「紅娘」が生まれた経緯は?

出典:https://www.tsukijiichiba.com/blog/

千葉県成田市には、JAや農家、行政が一体となってさつまいもの「大栄愛娘」を生産してるんです。

そんな中で大木八史郎さんのさつまいも畑の大栄愛娘の茎が、突然変異して紅色になってた茎を発見したんです。

その茎の先のさつまいもの断面は、茎と同じ紅色だったんですね。

こういった突然変異は「枝変わり」といって、めったに起きることはないようなんです。

なので、奇跡のさつまいもと呼ばれているんです。

現在「紅娘」を生産している農家の方は5名で、2016年は試験的な販売という事で築地市場でほぼ独占販売したようです。

2017年の現在も、お菓子メーカーや焼き芋専門店なども注目している今後が大いに期待できるさつまいもなんですね。

紅娘の食感・甘さはどんな風?

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/tsukiji-chokusoubin/

この時期だったらやはりさつまいもは焼き芋で食べるのが美味しいですよね。

紅娘は生の状態だと中身はうっすらと紅色を帯びています。

焼き芋にすると、鮮やかなオレンジになっちゃうんです!

半熟卵の黄身を思い出します。

見た目だけでもかなり美味しそうですね。

肝心の甘みですが、かなり甘みが濃いようです。

そして程よく水分も残ってるので、のどにお芋が詰まることも少なそうですね。

食感はしっとりと滑らかでねっとりとはしていないようですね。

おやつに適してるさつまいもですね。

スポンサードリンク

カルビーから成田の紅娘を使った「紅娘グラッセレモン風」

出典:https://www.calbee.co.jp/calbeestore/

カルビーから出してるといっても、スーパーやコンビニにはなくて、カルビープラスといって、駅や観光地などのアンテナショップで販売しているんですね。

紅娘のさつまいもを100%使ったこの商品はさつまいもをグラッセ風に仕上げたデザート感覚のチップスです。

堅めでザクっとした食感で、食べると上品な甘さと柑橘系のさわやかな酸味が絶妙なんですって。

この商品は全国のカルビープラスのお店で購入できます。

通販で購入できる?

なかなか手に入りにくいということで、

現地にいかないと手に入らないのかなと思いつつ

通販で販売している業者を探してみました。

「築地からの直送便」

こちらでは取り扱いがあったことがあるのですが

やはり現在在庫なしの状態です。

再入荷したらお知らせメールが届くように申し込めるようなので

時間はかかるかもしれませんが、可能性はありそうです。

レビューをみたら、大体皆様の購入時期が1月なので、今からお知らせメールを登録してたらいいかもしれませんね。

まとめ

すっかり店頭にもさつまいもが沢山ならぶ季節だからこそ、さつまいもに注目してしまいますよね。

焼き芋にしたら美味しいさつまいもはいくら食べても食べ飽きないですし、色んな食感・甘みなどがあって、奥が深いですよね。

テレビではシェフが紅娘と大栄愛娘を使ってデザートを作るようです。

焼き芋以外でどんな変身するのか楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする