青柳貴史(製硯師)の素顔は?イケメン職人の個展情報や「宝研堂」の場所は?【情熱大陸】

こんにちは、ナゴミです。

2018年1月21日に放送される「情熱大陸」製硯師(せいけんし)のイケメン職人

青柳貴史さんが出演されます。

製硯師って聞きなれない言葉ですよね。

お習字の硯(すずり)を作る職人さんなんだそうです。

別名:「硯の何でも屋さん」

イケメン職人って紹介されてますけど、本当にその通りだと思います。

イケメン職人・青柳貴史さんのプロフィールやお店のことについて

気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

青柳貴史さんのプロフィールは?

出典:http://100-kodomo.or.jp/

名前:青栁 貴史(あおやぎ たかし)

生年月日:1979年2月8日

出身地:東京都浅草

趣味:車・日曜大工・語学

大東文化大学文学部非常勤講師

好きな食べ物:鴨せいろ蕎麦

青柳さんは書道用具専門店「宝研堂」というお店の4代目です。

製硯師というのを詳しく説明すると、古硯の修理復元、原石からのオーダーメイドなど

硯のことをなんでも手掛けちゃう人なんです。

硯のことなら一から百まで任せても大丈夫なのでしょう・・。

他には学校などを対象に硯文化に関する講演や、

デパートの催事場などで硯の実演彫りも行っていて、

硯の魅力を積極的に発信しています。

小さい頃から父と祖父が硯を彫る姿を見て育っているので

「よいものを作る」という考えが身近だったんです。

硯作りも祖父や父から学んだんですね。

若干20歳でこの仕事を父から継いでいます。

今や青柳さんの作る硯は一生愛用出来る硯として、世界中にファンがいるんです。

壊れても修理も出来るし、子孫に受け継ぐことが出来るこだわりの逸品なんです。

スポンサードリンク

お店はどこ?

「宝研堂」の硯工房を統括する4代目の青柳さんがいるお店はどこでしょう。

初心者さんからプロの書道家の方まで利用されてる信頼の厚いお店なんです。

住所:台東区寿4-1-11

電話:03-3844-2976

定休日:第2、4、5日曜 祝日

営業時間:月曜~土曜/9:00~18:00 第1、3日曜/10:00~17:00

青柳貴史さんの個展情報

なんと青柳さん、この度初の個展を開催されるようです。

硯の個展ってあまり聞かないですね。

【青柳派の硯展】

現代における硯の石材事情、技術、流行、状況を後世に伝えること

が一番の目的みたいですね。

開催日時

2018年 2月20日(火) ~ 3月5日(日)
11時~19時(最終日は17時まで)

開催場所

蔵前MIRROR(ミラー)
シエロイリオ3F EAST ギャラリー

住所:東京都台東区蔵前2-15-5

個展というからには青柳さんの魂を込めた硯が展示されるのでしょう。

青柳さん本人もいらっしゃるかもしれないですね。

記録書籍『製硯師』も刊行される

これが欲しいです。

一読してみたいです。

個展にいかないと手に入らないのでしょうね・・。

スポンサードリンク

青柳貴史さんの素顔は?

出典:http://www.shibuya-univ.net/

情熱大陸の紹介では

【こじらせ系イケメン職人】

ってあるんですけど。

こじらせてるってことは?

結婚してないってことなのかな?

これは・・もったいない。

青柳さんは硯の手触り、匂い、味を確かめて石の産地を推測するんだそう。

硯のソムリエみたいですね~。味って違うのかな?

頭の中は四六時中“硯”でいっぱいということなんです。

一つのことに凄い熱意をもって接する方ですよね。

絶対浮気とかしなさそう。

そして

「ガンダムが大好きでプラモデル塗装にも徹底的なこだわりを見せる」

失礼ながらちょっとかわいいなと思ってしまいました。

出典:https://twitter.com/jounetsu

これは青柳さんがドアの場所で・・おそらく懸垂してるのかな?

なんか青柳貴史という人物に興味が出ますね(笑)

面白い!

職人であり、日曜大工が趣味なあたり、物を作るのが好きなのでしょうね。

趣味といい、好きな食べ物が鴨せいろ蕎麦といい、かなり一途なんでしょうね。

これでイケメンだから奥様になる方が羨ましいですね。

ただ、青柳さんを理解するスキルはいるのでしょうけどね。

まとめ

イケメン職人といわれてる青柳さんですが、ちょっと古風なところも

また魅力的ですね。

生き方がカッコよくて魅力的です。

硯展はまもなく開催されるみたいです。

き、気になります・・!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする