秋田智司(WASSHA)の経歴や年収は?アフリカで電気を量り売りとは?【笑ってコラえて】

みなさんこんにちは。

2018年10月10日に放送される

「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」

アフリカで電気を量り売りする日本人が

紹介されます。

その方の名前は

秋田智司さん

電力会社と当たり前に契約して普通に

電気を使う生活をずっと続けてるから

電気の量り売りって聞くと、

「どんな風に量り売りしてるの?」

って思いますね。

それを実現した秋田智司さんって

どんな方なのか気になったことを調べてみました。

スポンサードリンク

秋田智司さんのプロフィールは?

出典:https://www.facebook.com/satoshi.akita

名前:秋田 智司(あきた さとし)

生年月日:1981年5月19日

出身地:茨城県常総市

学歴:拓殖大学国際開発学部卒業・早稲田大学大学院商学研究科修了

秋田さんは高校生の頃に

発展途上国の様々な問題を知り

途上国支援を学べる拓殖大学に

進学したんです。

大学2年生の時にボランティアで

タンザニアに訪れたのが現在の秋田さんの

事業の原点になっているんですね。

発展途上国の問題を解決するには

単にボランティア精神やお金を落とすではなく

ビジネスが必要だと痛感したんです。

でも、起業ネタが思いつかなくて

大学院修了後にはIBMビジネスコンサルティングサービスに入社

してサラリーマンになったんです。

何をしたらいいか分からないので会社に入って

経験を積もうと秋田さんは考えたんです。

だけど実際に会社勤めを始めたら、使命感や

達成感があり、待遇も良かったので気がつくと

5年が過ぎていたそうです。

ちょうど同じ時期に秋田さんに子供が出来

やりたいことをやってる親の背中を見せたいと考え

2011年に独立を果たすんです。

でもすぐに事業アイディアがあった訳ではなくて

苦しんだ時期もあったのですが、

安定した企業だったIBMを退職してあえて

険しい道へ進んだ秋田さんの決断力は

凄いですね。

スポンサードリンク

秋田智司さんの「WASSHA」ってどんな会社?

出典:https://bizpow.bizocean.jp/

現在、ケニアやタンザニアで電気の量り売りを

しているのが秋田さんの会社「WASSHA」なんです。

「WASSHA」はソーラーパネルで発電した電気を

バッテリーに溜め、お金を事前に支払った分だけ

使える量り売りをしてるんです。

アフリカの未電化地域では今でも灯油ランプや

ろうそくを使っているのですが、この灯油代が

一日20~30円。

「WASSHA」は1日25円でLEDランタンを商店の

キオスクでレンタルするサービスを始め

タンザニアで大人気になっています。

灯油と同じくらいの料金で光量は20倍と断然に

明るいんです。

しかもそのLEDランタンには携帯電話を充電する

機能もあるので現地の人には嬉しい事ですよね。

秋田智司さんの家族はいるの?

現在秋田さんは、結婚して息子さんは一人

いらっしゃいます。

息子さんはもう小学生くらいだと

思います。

奥様との出会いなどは不明なのですが

秋田さんが独立を決意した時など

反対せずに支えたのでしょうから

理解のある女性なのでしょうね。

スポンサードリンク

秋田智司さんの年収は?

「WASSHA」の代表取締役である秋田さんの

年収は一体いくらくらいなのか気になりますね。

初期投資が回収できると言われてるのは

キオスクに1300店舗「WASSHA」の機器が

設置出来ればいいと言われてるようで、

2018年8月末には1000店舗にまで

設置店舗が増えています。

一店舗あたりの売り上げが月に1~2万円くらい。

月の売り上げが1500万円くらいだとして

スタッフの人件費やら必要経費を抜くと

まだ大きな金額は貰っていなさそうだと

考えます。

年内に1300~1400店舗にするのが目標

とのことですが、これは初期投資回収が終わって

黒字経営でいけるのでしょうね。

最近は丸紅や三菱商事も出資が決定して

ますます事業が安定しているようです。

となると、秋田さんも収入的には安定してきている

のかもしれないですね。

まとめ

起業ネタがないなんて悩んでたなんて

信じられないくらいです。

今では発展途上国の人たちの生活に

なくてはならない「WASSHA」の

電気の量り売りサービスですが

秋田さんはこれだけで満足せずに

更に飛躍していきそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする